Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

TechCrunch Japan Headshot

Apple Watchが100ドルも値下げされているのは、後継機登場の前触れなのか

投稿日: 更新:
印刷

apple watch

今Apple Watchは、100ドル安く売られている。Best BuyB&H、Targetおよびおそらく他の店でも。例えば、38mmのSportモデルは249ドル、42mmバージョンは299ドルだ。これを、Apple Watch 2がすぐそこまで来ているからだと思う人もいるだろうが、それはありそうにない

むしろAppleは、同社初のスマートウォッチで市場シェアを把もうとしているようだ。Apple Watch(少なくともSportモデル)はWalmartでも扱っており、ホリデーシーズン前にディスカウントも行われた。

言い換えれば、Appleはできる限り早く市場シェアを獲得するための全力をあげている。今Apple Watchを買った人は、数年後にまた買う可能性が高い。そしてApple Watchの製品ライフサイクルは始まったばかりだ。この先には、山ほどのアップデートや、後期購入者や、高い利益率が待っている。

さらに重要なのは、Apple Watchを使うためにはiPhoneが必要だということ。Apple Watchを売ることは、ブランドロイヤルティーを高めるひとつの方法だ。新しいスマートフォンに買い換えるとき、Apple Watchユーザーは新しいiPhoneを買い求める ― Apple Watchを使うために。

Best Buy、Targetを始めとするいくつかの店はバレンタインデーの数日前からこのセールを開始している。Apple Watchはギフトに最適であり、もちろんAppleもそれに乗じようとしている。

Appleは3月15日にイベントを開催する可能性が高いが、Apple Watchの大きなアップデートは期待できない。新しいバンドやファッション会社との提携はあっても、同じApple Watchになるだろう。

もう一つ指摘しておくべきなのは、Appleが自社の店舗ではApple Watchをディスカウントしないことだ。同社は、サードパーティー店舗に値引きを任せ、Apple Storeでは元の価格を維持している。

すべてはイメージの問題だ。Appleはブランドの高級感を維持したい。この商品に関しては特にそうだ。Sportモデルを別にして、Apple Watchは贅沢品であり、贅沢品は安売りされるべきではない。

Via AppleInsider

[原文へ]
(翻訳:Nob Takahashi / facebook

(2016年2月15日 TechCrunch日本版「Apple Watchが値下げ。ただし近々Apple Watch 2が出るという意味ではない。」より転載)

【関連記事】 ▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼
Close
Apple 2015年9月9日のイベント
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

他のサイトの関連記事

アップルウォッチが売れない理由 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

アップルウォッチ、値下げ始まる 新モデル発表見据え?

新型Apple Watchはいつ出るのだろうか?

Apple Watch エルメスコレクション、ついにオンラインでも販売開始

アップルウォッチよりペブルを買え!ガジェット好きが力説