Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

TechCrunch Japan Headshot

iPhone5sの指紋認証、ドイツのハッカー集団が複製した指紋でAppleのTouch IDを迂回

投稿日: 更新:
IPHONE 5S
米アップルの新製品「iPhone5s」に搭載された指紋認証センサー=2013年9月20日、東京・銀座  | 時事通信社
印刷

指紋スキャナーは、これを迂回するための労を惜しまないハッカーたちの危害に常にさらされてきた。この数年間、グミベアプレイドー[粘土] から、もっと高度な技術まで、あらゆる手段でこの生体認証スキャナーを迂回しようとする人々を見てきた。AppleがiPhone 5sに搭載したTouch ID指紋スキャナーもまたその手のハックに攻撃に曝させるるのは当然だ.ドイツのChaos Computer Club(CCC)は今日(米国時間9/22)、TouchIDの迂回に成功したと発表した。

しかし、このハックを大局的に考察してみよう。CCCのハッカーがプレスリリースやこのビデオで思わせているほど、ことは簡単に運ばない。

まず、指紋を採取するために、一種のカラーパウダーか瞬間接着剤が必要だ。次にその採取した指紋をスキャンし、反転してから1200dpi以上の解像度でOHPシートに印刷しなければならない。その後、OHPシート上にトナーが作り出したパターンに、ピンクのラテックス液または木工ボンドを流し込んで偽の指を作る。最後に、「シートからラテックスの薄い膜をはがし、息を吹きかけて少々湿気を与えてからセンサーに載せて電話をアンロックする」とCCCは書いている。この方法は、現在出回っている事実上すべての指紋スキャナーに適用できるはずだ。

もし誰かが、このすべてを実行してあなたの電話に侵入することをいとわないとすれば、あなたが指紋のセキュリティーどころではない問題を抱えている可能性が大だ。また、現在多くのiPhoneユーザーが、自分の端末を守るために暗証番号すら使っていないことを考えると、Touch IDはスマートフォンのセキュリティーにおける飛躍的進歩であるに違いない -- たとえ誰かがあなたの指紋を複製し、上記のような手間をかけて迂回する可能性がゼロでないとしても.

原文へ
 
(翻訳:Nob Takahashi)

【関連記事】

他のサイトの関連記事

新型iPhoneの指紋認証機能を破れるか、ハッカーらがコンテスト| Reuters

iPhoneの指紋認証、犬の足でもやってみた

新型iPhoneの指紋認証破りに懸賞、総額160万円

指紋認証、iPhone5S登場で主流に? 米マイクロソフトなども追随へ