BLOG

ビットコインはバブルだ―暴落は絵に描いたように予想通りの展開

2013年12月18日 23時22分 JST | 更新 2014年02月17日 19時12分 JST

2013-12-19-03_01.jpg

ビットコインはこの24時間で大暴落を喫した。主要な換金市場のMt.Goxで500以下に落ちた後、やや回復している。 TechCrunchのJohnBiggs記者が今朝書いたとおり、中国最大のビットコイン市場、BTCChinaが中国元での預託金の受け入れを停止したことがこの暴落に拍車をかけたようだ。

しかしビットコインの値下がりはしばらく前から兆候が現れていた。中国市場の動向は大きなトレンドの一部に過ぎない。要するにビットコインは勢いを失っている。

ビットコインを1200ドルという高値に押し上げたのと全く同じ力が今は逆向きに働いている。流行、メディアへの露出、投機がブームを作って価格を上げた。ところが流行が下火になり、メディアの露出が減り、投機の思惑が外れた。その結果が暴落だ。

現在この記事の執筆時点でのビットコインの価格は606ドルだ。ビットコインは古典的なバブルである。下にMt.Goxの日ごとの値動きのチャートを載せておこう。

2013-12-19-03_02.jpg

バブルが破裂してビットコインの価格が元に戻るのに何の不思議もない。ビットコインがバブルであることを説明した過去記事を振り返ってみよう。

歴史の教訓からこれだけは言える。現在のブームは作られた希少性、熱狂的な投資家層、トラック何台分もの楽観主義の産物だ。だからじきに熱は冷め、事態は平常に戻る。なにもかもオランダのチューリップ・バブルにそっくりだ。

そして、

ビットコインはバブルではない」としつこく主張し続ける人々がいる。 もちろんバブルに決まっている。ビットコインは確実な資産価値のある何ものによっても担保されておらず、それ自身の利用価値が変化していないにもかかわらず、投機的動機による買い手によって突如何倍にも値上がりしている。これがバブルでなければ何がバブルか?

ビットコインはこの記事を書き始めたとき606ドルだったが、今は621ドルまで上げている。しかしそんなことはバブルかどうかには関係ない。

もっとも重要なのは、上の引用でも指摘されているとおり、ビットコインが「コンピューティング能力」というその本来をはるかに超えて値上がりしているという点だ。このことはFBIがビットコインで麻薬取引を行っていた容疑でSilk Roadマーケットを閉鎖した後、いっそうはっきりした。 ビットコインはそれが提供すると主張する価値に比べて過大評価されている。ビットコイン1枚で得られる価値は、投機的思惑を別にすれば、他の通貨ないし他の確実な金融資産によって得られる価値よりはるかに小さい。

投機的需要によって金融資産の長期的価値が維持されることはない。

しかもビットコインはまだとても金融資産と呼べる代物ではない。

【関連記事】

(この記事は、12月19日のTechCrunch Japan『Bitcoinはバブルだ―暴落は絵に描いたように予想通りの展開』から転載しました)

IT企業の創業者画像集