BLOG

ヤフーとFacebook活用の恋人探しアプリ「Omiai」が業務提携

2013年12月03日 00時15分 JST | 更新 2014年02月01日 19時12分 JST

Facebookユーザーのみが使える恋人探しアプリ「Omiai」とヤフーが運営する「Yahoo!パートナー」が3日、業務提携した。Omiaiは、Yahoo!パートナーからユーザーを誘導してもらう。ヤフーは、Facebook認証を使うことでしか実現できない出会いをユーザーに促すことで満足度を高めることが狙いのようだ。

2013-12-03-omiai2.png

Omiaiは、Facebookのプロフィール写真や年齢、交際ステータス(既婚や交際中のユーザーは利用できない)を見ながら好みの異性を探せるアプリ。Facebookアカウントはログイン時に利用するのみで、相手には実名が公開されない。アプリからFacebookに一切投稿しないだけでなく、Facebookでつながっている異性はマッチングされないため、友達に知られずに使えるのも特徴という。

アプリ上では年齢や身長、性格、年収など30項目以上から検索でき、気になる相手が見つかったら「いいね!」を押し、相手から「ありがとう よろしくネ!」ボタンを押してもらったらマッチングが成立する。ここまでは無料だが、その後は男性のみ有料で、匿名でメッセージを投稿したり、お互いのFacebookアカウントを教えあうことも可能だ。

2013-12-03-omiai.png

Omiaiを運営するネットマーケティングによれば、累計会員数は38万人(男性26万5000人、女性11万5000人)。平均年齢は男性30歳、女性26歳で、これまでに111万7195組のマッチングが成立しているのだという。

今回の業務提携では、Yahoo!パートナーのページにOmiaiへの導線を掲載してユーザーを誘導する。Omiaiは有料サービスの決済手段として、2014年をめどに「Yahoo!ウォレット」を導入する。なお、Yahoo!パートナーとOmiaiのユーザーデータは、お互いのサービスで利用されることはない。

(この記事は、12月3日のTechCrunch Japan『ヤフーとFacebook活用の恋人探しアプリ「Omiai」が業務提携』から転載しました)