Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

TechCrunch Japan Headshot

オバマ大統領、退職後のキャリアは〇〇に投資?

投稿日: 更新:
印刷

2016-06-26-1466901946-321823-514874464.jpg

誰がオゥヴァルオフィスのBarack Obamaの椅子を取るのか、今や国中が固唾を呑んでいるが、当の大統領自身は、ホワイトハウスの8年の居住権が切れたあと、どうやって彼の履歴書を正しい手に渡すべきかを検討している(DCの借家法は冷酷だね)。

最近のBloombergのインタビューで大統領は、ベンチャー投資がまさに、彼のポスト大統領のキャリアにふさわしいかもしれない、と示唆している。

大統領在職中のObamaは、テクノロジーとスモールビジネスの大シンパで、オースチンのSXSWフェスティバルに記念すべき登場を果たしたり、初めてのホワイトハウスにおけるハッカソンStartup Americaを立ち上げたり、そのほか、いろんなことをやった。

彼は大統領としては異例なほど、シリコンバレーや、この国のそのほかのスタートアップクラスターで起きているイノベーションに、関心を示した。

だから、Obamaが残っている休暇のすべてを取り終えて、ビーチでマルガリータを飲んだり、見れなかったGame of Thronesを全部見たあとに、スタートアップ投資の世界に飛び込んだとしても、それほど意外ではない。

"シリコンバレーやベンチャーキャピタルとこれまでに交わした会話から、私の関心は科学と企業に傾き、それらが私に大きな満足感を与えてくれると感じるようになった"、と、アメリカ合衆国のCEO ObamaはBloombergに語っている。

"人間のゲノムにおいて突破口を開こうとしている努力や、個人のゲノムを10万ドルではなく1000ドルでマップできるという事実、人間の性向を正しく同定できる可能性、個人の特性に合わせた医薬品の製造や調合、これらは、私が何時間でも聞いたり話したりできる話題の一例だ"。

ここまで言ったことを、彼は後悔するかもしれない。彼のメアドprez@whitehouse.govは、世界中のゲノム配列スタートアップから寄せられるプレゼンのスライドで、いっぱいになってしまうだろう。

それはともかくとして、ObamaならすばらしいVCになれる、とぼくは思う。国を統轄することは、信頼できるアドバイスを見つけ、国民の意見を前にして、一定のリスクを引き受けながら決断をすることだ。

その過程で彼は、きわめて難しい質問もうまくさばいてきた。どんなVC企業でも、世界でいちばんよく知られている顔をパートナーに迎えることは、生涯の大事件だ。しかし元大統領のObamaからボイスメールをもらって、それにびびらずに応じる起業家は間違いなく、世界でもっとも、根性と意欲のある起業家だ。

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

(2016年6月25日 TechCrunch Japan「Barack Obama「大統領を辞めたらVCになるかも」」より転載

【関連記事】

YouTubeがクリエイターサポートを拡大、リソースアクセスを一元化、誰もが質問にメールで答をもらえる
職場にもっと多様性を、まずは技術職から
本職のセキュリティ技術者が旅先のウィーンでATM盗視機を発見
複雑な計算を行う計算機をユーザーがほんの数分で作れるOmni Calculator、ベータの時点からユーザーが殺到
‘音のPhotoshop’を自称する音響加工技術のiZotopeがさらに$7.5Mを調達