BLOG

ビットコインでの支払い受付、アメリカのネット販売大手で2014年中に開始

2013年12月24日 15時56分 JST | 更新 2014年02月22日 19時12分 JST

ov

ネット小売業のOverstock.comは2014年中にビットコインの支払いを受付ける計画であることを、同社CEOがThe Financial Timesに話した。どうやら同社は、このデジタル通貨を受付ける初めての主要オンライン小売店になる勇気を持っているようだ。主要小売業者で同様の計画を発表をしたところは未だ他にない。ただし、あなたのデジタル財布はまだしまっておいた方が良い。同社がビットコインを受け付けるのは2014年後半以降で、その頃にはDogecoinの人気が上回っているかもしれない。

この発表の数日前、ビットコインエコシステムに大変動が起きた。中国最大のBTC取引所が中国元による入金を拒否したために、ビットコインの貨幣価値は数時間のうち50%暴落した。

Overstockは昨年10億ドルをわずかに越える売上を記録した。同社はNASDAQで取引されており、株価はその1年に109.29%上昇した。ビットコインを受け付けるというニュースによって、株価はその日だけで7.77%上がった。

Overstock CEOのPatrick Byrneは、健全な通貨制度は、逆ピラミッドや政府の気まぐれに基づくべきではない、ビットコインはその要件を満たしている、と語った。Byrneによると、Overstockがビットコインの受付を開始した際、派生システム(Dogecoin等)の人気が上がっていれば、同社はデジタル通貨を預金するつもりだという。もし分派たちが盛り上がらねければ、Overstockはビットコインを日々ドルに交換し、事実上ビットコイン収益のデイトレーダーになる。

2013年の後半、数々の小売業がビットコインによる支払いを受け付け始め、OKCupid、Namecheap、Humble Bundleらが名を連ねた。慈善団体もデジタル通貨に理解を示しており、それは通常義援金にかかる手数料が不要だからだ。もしOverstockが計画通りに進めれば、ビットコインを受け付ける最大の米国拠点小売業者になる。もちろん、Amazon等が出し抜かなければの話ではあるが。

[原文へ]

【関連記事】

(2013年12月23日のTech Crunch「ネット販売大手のOverstock.com、2014年中にBitcoinを受け付ける計画との報道」より転載しました)

ビットコイン狂騒曲