Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

TechCrunch Japan Headshot

人間の神経系に直接接続して動かせる義手が完成

投稿日: 更新:
印刷

未来をこれほど劇的な形で垣間見ることは、めったにない。Johns Hopkins University(ジョンズホプキンス大学)のApplied Physics Lab(応用物理学研究室)が、高電圧の感電事故で両腕を失った人に、その人の神経系に接続してコントロールできる義手を取り付けることに成功した。コントロールといっても、まだできることは限られているが、四肢の一部を失った人にとっては、明るい未来が見えてきたようだ。

人間の脳や神経が直接コントロールする義手は、今急速に進歩している。たとえば下のビデオでは、女性が義手に脳からの命令を伝えている。またロボット工学の進歩と並行して、義手を動かすメカニズムもどんどん良くなっている。人間が義手や義足を自分の手足のように使えるようになるのも、それほど遠い先ではないだろう。未来は、まさしく今ここにある。まだ広く普及してないだけだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

【関連記事】

(2014年12月20日TechCrunch Japan「人間の神経系に直接接続してコントロールできるロボット義手が完成」より転載)

他のサイトの関連記事

近未来の義手『handiii』に賭ける思い|「成功も失敗もしないままじゃ終われない」

電通大、3Dプリンターで柔軟に動かせる筋電義手を作製−筋肉の動きを義手に記憶

指先の感覚伝える「ハイテク義手」研究進む=米ケース・ウェスタン・リザーブ大学

スマホアプリで稼働する近未来の筋電義手『handiii』の実用化に資金募集開始