BLOG

TechCrunch Tokyo2017、お得な前売りチケットの販売は今日深夜まで​​​​​​​

2017年10月31日 13時35分 JST | 更新 2017年10月31日 13時35分 JST

TechCrunch Japanは、スタートアップイベント「TechCrunch Tokyo 2017」を11月16日、17日に渋谷ヒカリエで開催する。国内外のスピーカーを招いたキーノートセッション、創業3年未満の企業のピッチコンテスト「スタートアップバトル」やスタートアップによるデモブースも多数出展予定だ。

TechCrunch Tokyo 2017の前売りチケットの販売期限が今日の深夜23:59までとなっているので、最後のお知らせをしたい。一般チケット4万円(税込、以下同じ)のところ、今日まで前売り限定価格3万円で購入できる。

現在発表しているスピーカーは次の通りだ。

・Blockstream CSO、Samson Mow氏

・Google アシスタントのプロダクトマネージャーを務めるBrad Abrams氏

・TrelloのHead of Product、Fog Creek Softwareの共同ファウンダーMichael Pryor氏

・ソラコム共同創業者でCEOの玉川憲氏

・Slack共同創業者でCTOのCal Henderson氏

・Quora共同創業者でCEOのAdam D'Angelo氏

・マネーフォワード共同創業者で代表取締役社長CEOの辻庸介氏

・TransferWise共同創業者で代表取締役のTaveet Hinrikus氏

・Loco Partners創業者で代表取締役の篠塚孝哉氏

・LINE取締役CSMOの舛田淳氏

バトル登壇企業も間もなく発表予定なので、楽しみにしていてほしい。

TechCrunch Tokyo 2017に5名以上で参加予定の方は、1枚あたりの価格が2万円になるお得な団体割引もある。また、創業3年未満のスタートアップ企業の従業員であれば、引き続きチケット価格は1万5000円だ。ぜひこの機会に検討いただければと思う。

チケット購入はこちらから

(2017年10月31日TechCrunch日本版より転載)