BLOG

トランプ大統領のアカウント停止、Twitter社「予防措置を講じた」とツイートしたけど…

Twitterは“表現の自由” と心地よいユーザー体験の提供との板挟みに苦労している。

2017年11月06日 10時35分 JST | 更新 2017年11月06日 10時49分 JST
Jonathan Ernst / Reuters

木曜日(米国時間11/2)、トランプ大統領のTwitterアカウントが当日退社した不良社員の手によって11分間停止した。多くの人々が、議論を呼ぶツイートを停止しようとした行動に拍手を送る一方で、Twitterの管理能力の欠如を懸念する声もある。

金曜日(11/3)、Twitterは「再びこのようなことが起きないよう予防措置を講じた」とツイートした。

New York Timesがこの人物は正社員ではなく請負業者だったと報じたため、世界的リーダーのアカウントに対して1人のパートタイム社員がそこまで大きな権限を持っていたことに多くの人々が疑問を呈した。

本誌がTwitterに問い合わせたところ広報担当者は「本件についてこれ以上のコメントはない」と言った。

社員にボットのアカウントを停止する権限を与える必要はあるとしても、公的人物のアカウント停止には少なくとももう一名がチェックすべきだろう。

Twitterは同サービスの監視に関して数多くの批判に晒されてきた。いじめや嫌がらせ発言が氾濫する中、Twitterは"表現の自由" と心地よいユーザー体験の提供との板挟みに苦労している。

トランプ大統領Twitterアカウントは厳しい視線にさらされているが、それは彼が米国大統領だからではなく、利用頻度が高いからだ。ツイート数は36000回を超えている。

トランプが北朝鮮を脅したツイートは、 Twitterの利用規約に反するのではないかと指摘する声も一部にはある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

(2017年11月5日TechCrunch日本版「Twitter曰く、トランプ大統領アカウント停止の『予防措置を実施』」より転載)

【関連記事】