BLOG

9日は各地で真冬並みの厳しい寒さ 雪が降る地域も

ぶるぶると震えてしまうほどの寒さです。

2017年12月09日 12時16分 JST | 更新 2017年12月09日 12時16分 JST

​​​​​​​

tenki.jp

9日も全国的に寒さが続きます。北海道や北陸、九州では、真冬並みの厳しい寒さ。その他の地域でも年末年始くらいの寒さに。防寒対策はしっかりとしてお過ごしください。

★9日の天気

今朝は全国的に冷え込みが一段と強まりました。北海道遠軽町の生田原では朝の最低気温が氷点下24度1分で、今シーズン全国で最も低い気温に。東京では朝の最低気温が1度2分と、今季一番の冷え込みになりました。今朝は布団からなかなか出られないという方も多かったかもしれません。

きょう9日は、北海道から東北の日本海側や北陸では日中は雪や雨が降るでしょう。風が強まり、ふぶく所もありそうです。北陸では昼頃から夜にかけて雷を伴う所もあるでしょう。関東は一日を通して晴れてお出かけ日和。東海も晴れますが、標高の高い所では雪や雨が降る見込みです。東海から九州も日中は晴れ間の出る所が多いですが、日本海側では雨や雪の降る所があるでしょう。

★9日の最高気温

最高気温は、北海道は氷点下の所が多く、厳しい寒さ。北海道のほとんどの所で真冬日になりそうです。東北や北陸、甲信は10度に届かず、室内はもちろん、外出時にもしっかりした防寒対策が必要です。関東から中国と四国地方にかけては10度前後と年末年始くらいの気温。ぶるぶると震えてしまうほどの寒さです。九州でも10度に届かない所があり、真冬のコートやダウンが必要でしょう。

★気を付けたい「ヒートショック」

この時期、風邪やインフルエンザにかからないように心がけることはもちろんですが、もうひとつ、気を付けたいのは、「ヒートショック」。暖かい部屋から寒い部屋への移動など、急な温度差に注意が必要です。大切なのは、なるべく部屋同士の温度差を作らないこと。例えば、お風呂に入る前に、脱衣所や浴室をあらかじめ暖めておくなど、対策をして過ごしましょう。

★あす10日の天気

あす10日は、日本海に前線を伴った低気圧が発生するでしょう。あさって11日にかけて寒冷前線が本州付近を通過する見込みです。九州から北海道のほとんどの所で天気が下り坂。午前中晴れていても、次第に雲が広がって、午後は雨が降るでしょう。九州と中国、四国、近畿、北陸では午後、局地的に雷を伴う所がありそうです。

最高気温は全国的にきょうよりも高くなる見込みです。真冬並みの寒さの所はほとんどないでしょう。ただ、日差しがある所は過ごしやすいですが、日陰に入ったり、雨や雪が降るとぐんと寒さを感じそうです。引き続き、寒さ対策はしっかり行いましょう。

(2017年12月9日 9時25分)

関連リンク

tenki.jp

小野聡子

[日本気象協会本社]気象予報士  熱中症予防指導員

福島県伊達市(旧伊達町)出身。桃畑に囲まれて育ちました。

大学卒業後、はとバスでバスガイドを務め、都内や関東近郊の観光案内をしていました。その後、NHK福島放送局へ。NHK福島放送局では、地域情報番組のキャスターとリポーターを務め、県内各地、自らカメラを持って取材に行くことも。構成や編集など制作全般も行っていました。2006年に気象予報士を取得。その後は子育ての傍ら、司会業を中心に、ブライダルプランナーや教材販売の営業などの仕事も経験。2016年に日本気象協会へ。

趣味は落語と着物。

アマチュア落語家として地元福島や都内近郊で活動中。(高座名:鹿鳴家おそら)

語りや朗読の活動も行っています。

現在、11歳、9歳、6歳の2男1女の、子育て真っ最中のママ気象予報士です。