BLOG

大雨のピークは4月30日午後関東、5月1日東北へ 1日で4月1か月分の雨が降る所も(きむら貴之)

2014年04月29日 22時10分 JST | 更新 2014年06月29日 18時12分 JST

今朝にかけて近畿では雨が強まり、たった1日で4月1か月分の雨が降った所もあります。このあと強い雨・激しい雨の中心は東海や北陸・関東へと移ります。大気の状態が非常に不安定になっていて、雷雨や激しい雨となる所もあるでしょう。大雨にご注意下さい。東北の雨のピークは明日となりそうです。

2014-04-30-large.jpg

■ 雨のピークは東海・北陸が午前、関東が午後

本州付近を東へ進む前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になっています。(下図参照) 前線に近い太平洋側を中心に発達した雨雲がかかりやすくなるでしょう。雨のピークは東海や北陸が午前、関東が午後です。すでに東海ではいつ土砂が崩れてもおかしくないほど雨が降っている所もあります。斜面にむやみに近づかないようにしましょう。河川の急な増水にもご注意下さい。

2014-04-30-large1.jpg

■ 発達した雨雲 明日は東北へ

東北の南部では今朝から雨が降っていますが、午後は北部でも所々で雨が降りだすでしょう。前線の接近に伴い、次第に雨脚が強まります。東北の雨のピークは明日。前線の動きが遅いため、今回の雨は長引くことが特徴です。それだけ雨の量が多くなり、大雨となるおそれがあるということです。明日にかけてのお出かけの計画を見直すなど、慎重な行動を心がけてください。

(2014年4月30日 8時30分)

関連リンク

雨雲の動き

警報・注意報

日直予報士「30日は東海や関東甲信で大雨 雨の時間が長引く」

2013-12-31-small.jpg
きむら貴之
気象予報士 漢検準1級 馬検2級
「天気がその日の行動を決める」といっても過言ではありません。
大雨や暑さ、寒さなどの注意点だけでなく、
気象のナゼを随所に散りばめながら、
日直予報士の一員として魅力あるコンテンツに作り上げていきます。
よろしくお願いします。