Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

tenki.jp Headshot

インフルエンザ早い流行 今後の寒さは

投稿日: 更新:
印刷

2016-11-27-1480209756-2496348-large.jpg
主な地点のこの先の天気と気温(26日12時発表)

今年は例年より早くインフルエンザが流行シーズン入り。この先の寒さや空気の乾燥が気になるところです。気温の変化や注意点をまとめました。


早くもインフル流行


厚生労働省は、きのう25日(金)、今年もインフルエンザが流行シーズンに入ったと発表しました。例年より早い時期の流行入りです。今週は、この時期としては強い寒気が流れ込み、関東甲信で記録的に早い初雪となったほか、全国的にも11月とは思えない厳しい寒さに見舞われました。このまま、本格的な冬の寒さとなるのか、気になるところです。

この先の寒さは


上の図は、主な地点の天気と気温の予想です。この先、一週間は3~4日の周期で天気が変わります。気圧の谷(低気圧や前線)が通過して冬型の気圧配置となり、次第に高気圧に覆われたかと思えば、再び西から気圧の谷が近づく、というパターンです。気圧の谷が通過した後は北日本を中心に強い寒気が流れ込みやすく、気温のアップダウンが激しくなる所がありそうです。上の図で紫色で囲んだ日は、最高気温が平年より2度以上低くなると予想される日です。北海道から関東を中心に寒気の影響を受けるため、札幌や千代田区(東京都心)で、平年より低くなる傾向が見られます。寒さは長く続きませんが、一方で気温の変化が大きいと、体調を崩しやすくなります。厚着をして汗をかき、体が冷えてしまった、なんてことがないよう、その日の気温に合わせて、服装や室内の温度を上手に調節しましょう。

晴れる日は乾燥に注意


インフルエンザの流行中は湿度の管理も大切です。インフルエンザウイルスは湿度が低い方が生存率が高くなります。また、空気が乾燥すると、粘膜の機能が低下して、インフルエンザにかかりやすくなってしまいます。冬型の気圧配置となる日は、晴れる太平洋側では空気がカラカラに乾きますし、雨や雪が降りやすい日本海側も、暖房器具を使うことで室内の湿度が低下します。湿度計を用意して、湿度を50~60%くらいに保つとよいでしょう。

2016年11月26日 16時42分

【関連リンク】

2016-11-27-1480210160-4054646-small.jpg

中川裕美子

[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員
2007年1月より日本気象協会勤務。
ラジオやストリーミングでの天気解説、新聞やテレビの天気原稿作成などを担当。
「天気でわかる四季のくらし」(新日本出版社)を共同執筆。
一児の母となり、公私ともに奮闘中。