BLOG

ゴールデンウィーク前半の天気予報(望月圭子)

2014年04月20日 22時41分 JST
Brent Winebrenner via Getty Images

20日は、関東から西では行楽にはあいにくの天気で、昼間もこの時期にしては気温が上がりませんでした。正午の気温は、東京より札幌の方が高かったのです。ゴールデンウィークまで、あと少し。10日間予報では、29日までの予報が出揃いましたので、お出かけの参考にして下さい。

default

20日(日)は、関東から西は、曇りや雨で、気温は19日ほど上がらない所が多くなりました。

東京の最高気温は、14度1分と、3月下旬並みでした。

一方、北海道や東北では晴れて、日中、寒さが和らぎました。

札幌では、5日ぶりに、最高気温が10度以上に。

東北もたっぷりの日差しのもとで、春の花が咲き進み、

秋田でソメイヨシノが開花、青森ではウメが開花しました。

ソメイヨシノは開花してから、5日くらいで見ごろを迎えるとあって、

東北北部は、ゴールデンウィーク前半が、お花見に良さそうですね。

そのゴールデンウィークまで、あと少しということで、

10日間予報では、29日「昭和の日」の予報まで、発表されました。

ゴールデンウィーク前半の予報を見てみますと…

沖縄~近畿  29日には広く晴れ

26日(土)は、晴れ間もあって、気温は平年より高め。

27日(日)は、雲が増えて、福岡で雨が降り出しそうです。

28日(月)は、広い範囲で雨が降り、少しヒンヤリしてくるでしょう。

29日(火)は、雨の残る所もありますが、広く晴れてきそうです。

東海~北海道  前半ほど行楽日和

26日(土)は、大体晴れるでしょう。

27日(日)は、雲が増えてきますが、それでも晴れ間があって、気温の高い状態が続きそうです。

東海や関東では、最高気温が25度近くまで上がり、汗ばむくらいの所もあるでしょう。

28日(月)は、雨の降り出す所が多くなりそう。

29日(火)も、傘の必要な所が多く、気温の上がり方が鈍くなる予想です。

土曜と日曜は、晴れて気温が高めですが、月曜と火曜は寒さが戻りそう。

お出かけの準備は、服装選びに、お気をつけ下さい。

また、晴れて気温が高いと、薄着でお出かけしたくなりますが、

この時期、日差しの下で行楽を楽しんでいると、

思わぬ日焼けをしてしまうこともあります。

お出かけの際には、紫外線対策も忘れないで下さい。

楽しい思い出作りのために、tenki.jp や日直予報士で、最新の予報をチェックして下さいね。

(2014年4月20日 15時10分)

関連リンク

tenki.jp(天気予報)

東京の天気予報

紫外線情報

default

望月 圭子
気象予報士
福島県会津生まれ。
東京での大学生活を経て、テレビ山梨のアナウンサーに。
ニュースや中継、県政番組、音楽番組、グルメコーナーなど、幅広く経験しました。

フリーに転身後、大好きな気象を学び、気象予報士の資格を取得。

『OAに強い気象予報士』として
テレビ山梨「ニュースの星」気象キャスターや
NHKラジオ「ジャーナル」気象キャスターを務め、
フジテレビで気象の解説をしたり、
文化放送やニッポン放送、JFNなどでも、天気を伝えてきました。

現在は、テレビやラジオの天気原稿を書いたり、
新聞の天気概況も担当しています。


「どう伝えるか」ではなく
「あなたに、どう伝わるか」を大切にしながら
日々の天気を伝えている私が、
『あなたのお抱え気象予報士』になれれば、幸いです。