BLOG

GW初日、北海道は大雪の予報 北風は全国的に強く

2016年04月28日 17時09分 JST | 更新 2016年04月28日 17時12分 JST

2016-04-28-1461830256-7965163-large.jpg

ゴールデンウィーク初日の明日から明後日は北日本の東で低気圧が急発達。全国的に北風が強まります。北海道は大雪やふぶきの恐れも。本州の山も思わぬ雪に注意。

北海道 大雪やふぶきに注意

29日(金)、昭和の日から30日(土)にかけて、低気圧が北日本の東で急発達するでしょう。

この時期としては強い寒気が流れ込んでくる見込みです。

北海道は広い範囲で雪が降り、太平洋側東部やオホーツク海側を中心に大雪となる恐れがあります。

明日の正午までに降る雪の量はいずれも多い所で、オホーツク海側で30センチ、太平洋側東部で20センチ、日本海側や太平洋側西部で15センチの予想です。

その後、30日にかけても雪が降り、オホーツク海側や太平洋側東部で、さらに雪の量が多くなりそうです。

風も強く、ふぶく所もあるでしょう。

GW初日で、移動の多い時期ですが、強風やふぶき、大雪で交通機関に影響のでる恐れがあります。

交通情報にもご注意下さい。

なお、北海道では2013年にもGW中に大雪となりました。

2013年のGW前半には網走地方の宇登呂で50センチ以上の雪が降りました。

本州でも山は雪に注意

東北や北陸、長野、関東北部などの山でも雪の降る所があるでしょう。

風も強く荒れた天気が予想されます。

登山を計画されている方もいらっしゃると思いますが、最新の気象情報に注意し、無理のないように計画なさって下さい。

峠越えの車は路面状況の変化に注意して下さい。

思わぬ雪で、冬の装備が必要になるかもしれません。

北風強く、明日の夜はグッと冷える

29日は本州付近も北風が強まります。

日中は日差しのでる関東から西では20度前後まで気温の上がる所が多いでしょう。

この時期は日差しが強く、日差しのもとではあまり寒さはないかもしれません。

ただ、日陰では北風が冷たく、日が傾くと、グッと冷えるでしょう。

薄手の羽織る物では体が冷えてしまいそうです。

1日(日)以降は寒気は抜け、関東から西は一転して、暑いくらいに。

1日の最高気温は大阪や東京など所々で25度以上の夏日になりそうです。

GW前半は気温の変化が大きくなりますので、服装で上手に調節して、体調を崩さないようお気をつけ下さい。

(2016年4月28日 15時6分)

【関連リンク】

2016-03-10-1457595156-9917132-small.jpg吉田 友海
気象予報士
信託銀行に勤務しながら、気象予報士の資格を取得。仙台に移住し、「民放ラジオ」や「NHK山形」で気象コーナーを担当。その後、東京に戻り、「NHKラジオジャーナル」で気象キャスターを務めました。
現在は、一児の母となり、天気予報と子育てに奮闘する毎日。ラジオの気象コーナーを担当したり、テレビ局の天気原稿や地方紙のコラムも執筆しています。
土砂降りの雨の中、小さな子供を連れて歩くのは大変!暑ければ熱中症が心配だし、寒ければインフルエンザが心配。以前より天気に敏感になりました。お母さん予報士として、生活に密着した情報を伝えていきたいと思います。