BLOG

GWは前半ほどお出かけ日和 後半は荒れた天気も(吉田友海)

2015年04月23日 20時36分 JST | 更新 2015年04月23日 20時38分 JST

日本気象協会は今週末からゴールデンウィークとその後の週末(4月25日(土)~5月10日(日)頃)の天気を発表。前半ほどお出かけ日和の所が多いですが、後半は荒れた天気の可能性も。お出かけの予定にお役立て下さい。

gw wether

GWは前半ほどお出かけ日和 後半は荒れた天気も

◆今週末からGWの前半(5月2日(土)まで)
日本付近は高気圧に覆われる日が多くなる見込みです。
そのため、全国的に晴れる日が多くなるでしょう。
ただ、29日(水)~30日(木)頃は低気圧が日本付近を通過するため、太平洋側の地域を中心に、曇りの予報でも雨が降るところがありそうです。
沖縄は梅雨入りも近いため、28日(火)から30日(木)は湿った空気の影響で次第に雲が広がりやすく、雨となるでしょう。

◆GW後半(5月3日(日)以降)
低気圧が数日の周期で通過し、晴れる日と雨の日が数日の周期で変わる見込みです。
低気圧が発達して荒れた天気になる可能性もありますので、Uターンなどでこの時期に移動を予定されている方は、最新の気象情報をご確認ください。

◆気温
全国的に平年並みかやや高く、東北から九州にかけての広い範囲で最高気温が20度を超える日が続きそうです。
特に関東より西の地域では、最高気温が25度以上の夏日となるところもあるでしょう。
初夏の陽気となり、屋外では少し暑いと感じられる日も多くなりそうです。
今年のGWは、連休の前半を中心に、レジャーに適したお出かけ日和が続くでしょう。

各地域の天候のポイント

◇北日本(北海道・東北)
・全般的に高気圧に覆われて晴れる日が多いでしょう。
・GW後半(5月3日(日)以降)には、雨の降る日がありそうです。
・気温は平年並みですが、朝晩はまだ冷え込む日もある見込みです。
・今年は桜の開花・満開が早く、東北地方は見頃を過ぎますが、北海道ではGW中に見頃を迎えるでしょう。

◇東・西日本(関東甲信~九州)
・今週末からGW前半を中心に、高気圧に覆われて晴れる日が多いでしょう。
・27日(月)~29日(水)は雲が広がりやすく、雨の降るところもありそうです。
・GW後半(5月3日(日)以降)は、数日の周期で雨の降る日がある見込みです。
・気温は平年並みかやや高く、最高気温20度以上の日が続き、25度以上の夏日となるところもあるでしょう。

◇南西諸島(奄美・沖縄)
・全般的に高気圧に覆われて晴れる日が多いでしょう。
・28日(火)から30日(木)は雲が広がりやすく、雨の降る日もあるでしょう。
・気温は平年並みで、最高気温25度前後の日が続くでしょう。

吉田 友海

吉田 友海

気象予報士

信託銀行に勤務しながら、気象予報士の資格を取得。仙台に移住し、「民放ラジオ」や「NHK山形」で気象コーナーを担当。その後、東京に戻り、「NHKラジオジャーナル」で気象キャスターを務めました。

現在は、一児の母となり、天気予報と子育てに奮闘する毎日。ラジオの気象コーナーを担当したり、テレビ局の天気原稿や地方紙のコラムも執筆しています。

土砂降りの雨の中、小さな子供を連れて歩くのは大変!暑ければ熱中症が心配だし、寒ければインフルエンザが心配。以前より天気に敏感になりました。お母さん予報士として、生活に密着した情報を伝えていきたいと思います。

(2015/04/23 15:07「天気.jp」より転載)

【関連記事】