BLOG

各地で厳しい暑さ 猛暑日地点続出か

2015年07月25日 21時27分 JST | 更新 2015年07月25日 21時27分 JST

26日も、各地で厳しい暑さ。最高気温は昨日と同じか高い所がほとんどで、猛暑日地点は更に増えそう。東京は36度と、今年初めての猛暑日となる予想。

japan

今日も、全国的に熱中症に注意が必要。

北海道は今日も曇りや雨ですが、気温は高め。札幌で26度など夏日の所が多く、湿度も高く蒸し暑い。

昨日、雨が降った東北地方、今日は昼頃から晴れ間がでて、気温は昨日より大幅にアップ。

仙台は34度と、猛暑日に迫る暑さ。さらに、図にはありませんが、山形35度、福島36度など東北南部は猛暑日の所も。

盛岡は昨日より7度も高い32度の予想で、そのほか東北北部も広く30度を超えそうです。

関東から中国、四国にかけては、気温は昨日と同じか高め。

東京は36度と、今年初めて猛暑日となる見込み。

名古屋をはじめ、東海は広く35度前後まで上がりそう。

富山36度、京都35度、鳥取35度などなど、

北陸や近畿、中国地方も猛暑日の所が多くなる見込みです。

台風12号の影響で雨が降る九州、気温は昨日ほどは上がらず。

ただ、台風周辺の暖かく湿った空気の影響で、かなりの蒸し暑さとなりそうです。

weather

熱中症のサインを見逃さないで


特に、屋外の作業やレジャーは、熱中症対策を万全に。

こまめな水分補給を心掛けて、汗を多量にかいた場合は、適度な塩分補給も忘れずに。

晴れる所では、できるだけ日陰を利用したり、帽子などで直射日光を遮ることも大切です。

熱中症のサイン となるのは、

・めまいや立ちくらみがする

・手足がしびれたり、足がつりやすくなる

・吐き気や、頭痛がする

といった症状。

このくらいなら大丈夫、と放置すると、

あっという間に症状が重くなって、立ち上がれなくなったり、意識を失ってしまうケースも。

少しでも、体調に異変を感じたら、決して無理をせずに涼しい所で休憩を。

また、周囲の人の様子にも、気を配ってあげるようにしてください。

下のリンク、『台風がもたらす酷暑 来週も』にあるように、

暑さは今日と明日をピークに、来週にかけても続きます。

夜も気温があまり下がらず、寝苦しさも続きますので、

適度にエアコンを使うなど、無理のないようにお過ごしください。

(2015年7月26日 8時36分)

【関連リンク】

2014-09-08-tenki3_small.jpg


戸田よしか

気象予報士

よろしくおねがいします。