BLOG

大雨、鹿児島県徳之島では「50年に1度」の記録に このあと降る地域は?

2015年04月19日 22時50分 JST | 更新 2015年04月19日 22時50分 JST

20日未明、鹿児島県徳之島では「50年に1度」の記録的な大雨となりました。20日は広い範囲で荒れた天気となる模様。今後、注意が必要なのはどの地域でしょうか?

2015-04-20-1429493190-5196574-20150420tenki1_large.jpg


四国~東海の太平洋側 特に注意!

上の図の天気マークを見てもわかるように、20日は広く雨。雨量が多くなりそうなのは、四国~東海です。

特に、太平洋側は雨の降り方に注意が必要。

東海では静岡県、四国では高知県徳島県「非常に激しく降る」おそれがあります。

「非常に激しく降る」とは、1時間に50ミリを超える量。

滝のように降り、傘はまったく役に立たないほどです。

水しぶきで視界が悪くなり、車の運転は危険といわれています。

こうした雨が降り続くと、地盤が緩んで土砂災害が起きやすくなったり、

低い土地が浸水したり、河川の増水のおそれも。

大雨が予想される地域では、十分に注意してください。

そのほかも広い範囲で、雷を伴った激しい雨が予想されています。

お出かけの時に雨が降っていなくても、

大きく丈夫な傘を忘れずにお持ちください。


暴風や融雪・なだれにも注意を

今回注意が必要なのは、雨だけではありません

【暴風・高波】
全国的に風が強まります。
特に海上は最大瞬間風速30メートルを予想。
うねりを伴ってしける所も多いでしょう。

【なだれ・融雪】
暖かく湿った空気が流れ込むため、
まだ雪の残っている地域では、なだれに注意が必要です。
雪解けが一気に進んで、洪水が起こるおそれもあります。

21日には、各地で天気は回復に向かいますが、

20日いっぱいは、吹き荒れる春の嵐にご注意ください。

(2015年4月20日 8時20分)


【関連リンク】

石上 沙織

気象予報士

「どんなときでも、天気予報だけは必ず見る」

NHK岐阜放送局のキャスター時代、

取材に伺った職人さんから聞いた言葉です。

天気次第で、仕事の進め方や作品の出来が変わってしまうとのこと。

以前から「人の役に立つ情報を伝えたい」と考えていた私は、

「これだ!」と思い、気象予報士を目指すことになりました。

その後、NHK名古屋放送局キャスターや

中部支社での解説・予報業務を経て

2015年春より日直予報士の一員に。

読んでくださった皆さんに、

少しでも「役に立った」と思ってもらえる記事を目指します!