BLOG

北陸の雪、峠越えるがまだ続く 福井県をはじめ新たに積雪が増えるおそれ

昼前後にかけて、強く降る所もあるでしょう。

2018年02月08日 10時34分 JST | 更新 2018年02月08日 10時38分 JST

冬型の気圧配置は西から緩んできます。ただ、きょうも日本海側は北陸を中心に雪で、昼頃にかけて局地的に強く降りそうです。日差しのある太平洋側も所々で雪や雨が降ります。

きょうの天気

冬型の気圧配置が緩んでくるでしょう。ただ、昼頃にかけては、北陸を中心にやや発達した雪雲のかかることもあり、まだ積雪の増える所がありそうです。

【各地の天気】

北海道と東北は日本海側を中心に雪が降ったり止んだりです。中でも、東北の日本海側は風がやや強く、ふぶく所があるでしょう。

北陸も雪で、昼前後にかけて、強く降る所もあるでしょう。車の立ち往生が続いている福井県をはじめ、まだ数十センチ、新たに積雪が増えるおそれがあります。夜になると、雪が止んでくる見込みです。

関東はおおむね晴れるでしょう。ただ、気圧の谷が通過するので、昼過ぎからは雪が舞ったり、雨のパラつく所がありそうです。

東海は、岐阜では夕方まで山沿いを中心に雪。そのほかの各地は大体晴れますが、一時的に弱い雪や雨の降る所もあるでしょう。

近畿と中国地方は、日本海側は昼過ぎまで雪が降ったり止んだり。夕方には止んできますが、これまでの大雪や凍結の影響が交通機関に残りそうです。太平洋側はおおむね晴れるでしょう。

四国と九州は昼前まで所々で雪。午後は広く晴れますが、しばらくは路面の凍結に注意が必要です。特に、橋の上やトンネルの出入り口付近は、日中も凍結したままの所があるでしょう。

沖縄は曇り空が続きます。

なお、あす朝6時までの24時間に降る雪の量は、いずれも多い所で

北陸40センチ(新潟県40センチ・富山県と石川県20センチ・福井県30センチ)

東北30センチ

近畿北部20センチ と予想されています。

きょうの最高気温

きょうも平年より低い所が多いでしょう。

北海道と東北北部は凍える寒さで、札幌は0度、青森は1度の予想です。

仙台で5度、金沢で4度と、東北南部は北陸はきょうも5度以下でしょう。

東京で9度と、関東も10度に届きません。

東海から九州は、きのうに比べるとやや高めですが、それでも厳しい寒さです。名古屋と大阪は7度、広島は8度、高知は9度、福岡は8度の予想です。

沖縄はきのうと同じくらいで、那覇は16度の予想です。

(2018年2月8日 7時4分)

関連リンク

現在の積雪深

現在の気温

実況天気

戸田 よしか

[日本気象協会本社] 気象予報士

よろしくおねがいします。