BLOG

23日夜は、「きぼう」を見つけるチャンス いつ見える?

2017年05月23日 18時25分 JST

tenki

今夜は、国際宇宙ステーション「きぼう」が見られるチャンス。「きぼう」を見つけたい方は、ぜひ、夜空を見上げてみて。今夜の各地の天気を詳しく。

「きぼう」は いつ見える?

今夜は、日本の広い範囲で「きぼう」を見つけるチャンスです。

国際宇宙ステーション(ISS)は、地上から約400km上空に建設された実験施設で、「きぼう」はその中の日本実験棟の名前です。条件が揃えば地上から肉眼で見ることができます。

「きぼう」が見られると予想される経路は、上の図を参照してみて下さい。

JAXA・宇宙航空研究開発機構によりますと、時刻は20時25分頃から29分頃にかけてです。沖縄から東北で最大仰角(仰角とは、地平線からの角度)が30度以上になるため、見えやすくなります。(北海道は最大仰角が30度以下でやや見えづらいです。)

見られる方角は、地域によって異なります。

(下の時刻は最大仰角の時刻。この時刻の4分ほど前から見え始める所もあります。)

★那覇:20時25分ごろ 南東

★福岡:20時27分ごろ 南東

★広島:20時27分ごろ 南東

★大阪:20時28分ごろ 南東

★金沢:20時28分ごろ 南東

★東京:20時29分ごろ 東南東

★仙台:20時29分ごろ 南東

★秋田:20時29分ごろ 南東

「きぼう」が通る頃 天気は?

「きぼう」を見つけるには「雲に邪魔されないかどうか」が重要ですよね。

「きぼう」が通る頃の、各地の天気を詳しく見てみますと...

★那覇:雲が多めながらも、晴れ間もでそうです。

★福岡、広島、金沢:雲が広がりやすいでしょう。

★大阪:晴れますが、時折、雲が広がりそうです。

★東京:スッキリ晴れて、「きぼう」を見られるチャンスです。

★仙台:雲が増えて、雨雲に変わる可能性があります。

★秋田:雲が多めですが、晴れ間もあるでしょう。

そして、今夜は、気温が高いのが、ポイント。

昼間の暖かい空気が残りますし、東京では、南風が吹くので、20時頃を過ぎても、気温は20度以上の予想です。外で夜空を眺めても、一枚、羽織る物があれば、それほどヒンヤリすることはなさそうです。

ちなみに、2016年11月に、東京都江東区で撮影された「きぼう」がこちら。

2017-05-23-1495530389-9043386-large1.jpg

2016年11月 高橋則雄 気象予報士 撮影

かなり小さいですが、スマホの画像でも、ハッキリ写っています。ぜひ、皆さんも、ご自分の目で「きぼう」を見つけてみて下さい。

(2017年5月23日 14時49分)

関連リンク

2013-12-17-small.jpg

望月圭子

気象予報士

福島県会津生まれ。

東京での大学生活を経て、テレビ山梨のアナウンサーに。

ニュースや中継、県政番組、音楽番組、グルメコーナーなど、幅広く経験しました。

フリーに転身後、大好きな気象を学び、気象予報士の資格を取得。

『OAに強い気象予報士』として

テレビ山梨「ニュースの星」気象キャスターや

NHKラジオ「ジャーナル」気象キャスターを務め、

フジテレビで気象の解説をしたり、

文化放送やニッポン放送、JFNなどでも、天気を伝えてきました。

現在は、テレビやラジオの天気原稿を書いたり、

新聞の天気概況も担当しています。

「どう伝えるか」ではなく

「あなたに、どう伝わるか」を大切にしながら

日々の天気を伝えている私が、

『あなたのお抱え気象予報士』になれれば、幸いです。