Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

tenki.jp Headshot

九州、28日も雨の予報。被災地は土砂災害に警戒を

投稿日: 更新:
印刷

2016-04-27-1461742013-2571754-large.png

九州は、低気圧や前線の通過で28日にかけてまとまった雨が降り、地震の被災地をはじめ土砂災害への警戒が必要です。
また、今後週末にかけては、気温の変化が大きい見込みです。長引く避難生活で体調を崩す方が増えているだけに、十分気をつける必要があります。


九州でまとまった雨


きょう(27日)は前線上の低気圧が種子島・屋久島付近を東へ進み、東シナ海には別の低気圧も発生して、徐々に九州へ近づいてきました。九州は各地で本降りの雨となり、午後3時までの雨量は、鹿児島県十島村中之島で150ミリを超える大雨となっている他、鹿児島県肝付町内之浦で73.0ミリ、長崎県平戸市で47.5ミリ、熊本県の阿蘇山で42.5ミリなど、広い範囲でまとまった雨となっています。

28日にかけて土砂災害に警戒を


東シナ海に発生した低気圧は、27日夜遅くに九州北部付近を通過する見込みで、九州は、28日の明け方にかけて、雷を伴った強い雨が降る所があるでしょう。その後も、28日の日中いっぱいは雨が残る所があり、28日昼にかけての雨量は熊本県や大分県の多い所で60~80ミリに達する見込みです。熊本県や大分県を中心に地震の影響で地盤が緩んでいる地域は、土砂災害への警戒が必要です。

気温変化にも注意


28日は九州各地で北よりの風が強まり、天気の回復が遅れることも手伝って、肌寒くなるでしょう。28日の予想気温は、熊本市:最低18度→最高19度 大分市:最低17度→最高20度 福岡市:最低16度→最高17度など、朝と日中であまり気温変化がありません。

また、29日(昭和の日)は晴れて、朝晩は気温が下がり、被災地は暖房器具が必要なほどの冷え込みとなりそうです。一転、週末は気温が大きく上がって日中は汗ばむ暑さ、熱中症に注意が必要となるでしょう。長引く避難生活で体調を崩す方が増えているだけに、気温の変化にも十分気をつける必要があります。

(2016年4月27日 15時21分)

【関連リンク】

2016-04-27-1461742295-2129742-small.jpg君島 由希子
気象予報士 防災士
趣味は読書、散歩です。
九州の気象トピックをわかりやすくお伝えできるよう
頑張りたいと思います。

他のサイトの関連記事

天気予報:GWは周期的に変化 低気圧や高気圧交互通過で