BLOG

初日の出は見える? 気になるお正月の天気

2015年12月29日 15時22分 JST

sun rise 2016年 「初日の出」見えるかな?マップ

今年も残りわずか。帰省や初詣、初売りなどお正月の予定を立てた方も多いと思います。「初日の出」が見える所は?寒さは?帰省やUターンへの影響は?気になる各地の大晦日からお正月の天気をまとめました。

「初日の出」見える所は?

元日の朝は北海道の日本海側は雪が降りやすいでしょう。
北海道のオホーツク海側、東北の日本海側、北陸、近畿北部、山陰は雲が広がりやすい見込みです。
一方、北海道や東北の太平洋側、関東から山陽、四国、九州、沖縄は晴れて、初日の出が期待できそうです。

元日の朝の気温は平年より高い所が多く、風もそれほど強まらないでしょう。
この時期としては冷え込みは弱いですが、屋外で日の出を待っていれば、足元からジワジワと冷えてきます。
しっかりと寒さ対策をしてお出かけ下さい!

大晦日と三が日の天気は?

大晦日から三が日にかけては、この時期としては比較的「穏やか」で「暖か」となりそうです。
現在、日本に流れ込んでいる寒気は31日には抜けるでしょう。
3日にかけては強い寒気の流れ込みはない見込みです。

31日から3日にかけて、北海道や東北の日本海側は雪が降りやすいでしょう。
ただ、広い範囲で大雪になったり、荒れた天気になることはない見込みです。
Uターンの足にも大きな影響はなさそうです。
北陸から山陰は曇りや雨の日が多いでしょう。
太平洋側の各地は晴れ間の広がる日が多い見込みです。
31日と3日は雲がかかりやすいですが、天気の大きな崩れはないでしょう。
沖縄は曇りや雨の日が多いですが、1日はよく晴れる見込みです。

31日から3日かけては、最高気温は全国的に平年を上回るでしょう。
札幌はプラスの気温で、2日は4度まで上がる見込みです。
関東から西は10度以上で経過する所がほとんどで、特に3日は東京で16度と4月上旬並みでしょう。
北風に震えることなく、初詣や初売りなどへもお出かけできそうです。

2015-12-29-1451368776-7072215-large.jpg

2014-02-06-small.jpg

吉田 友海
気象予報士

信託銀行に勤務しながら、気象予報士の資格を取得。仙台に移住し、「民放ラジオ」や「NHK山形」で気象コーナーを担当。その後、東京に戻り、「NHKラジオジャーナル」で気象キャスターを務めました。

現在は、一児の母となり、天気予報と子育てに奮闘する毎日。ラジオの気象コーナーを担当したり、テレビ局の天気原稿や地方紙のコラムも執筆しています。

土砂降りの雨の中、小さな子供を連れて歩くのは大変!暑ければ熱中症が心配だし、寒ければインフルエンザが心配。以前より天気に敏感になりました。お母さん予報士として、生活に密着した情報を伝えていきたいと思います。

(2015年12月28日 14時53分 「tenki.jp」より転載)

【関連リンク】

  • 服装指数
  • Also on HuffPost:

    2014年 初日の出 画像集