BLOG

冬の嵐、帰省ラッシュに直撃(木村雅洋)

2013年12月26日 23時39分 JST | 更新 2014年02月25日 19時12分 JST

北海道や東北は27日の昼前から28日にかけて突然の猛ふぶきなどに警戒が必要です。27日から28日にかけては低気圧が急速に発達しながら、北日本を通過する見込みです。北海道や東北では帰省ラッシュと暴風のピークが重なる可能性が高くなっているため、交通機関の大幅な乱れなどに十分ご注意ください。

2013-12-27-02_01.jpg

28日9時の予想天気図

北海道や東北は突然の猛ふぶきに警戒

北海道は27日昼前から、東北は27日夕方から風が強まり、28日いっぱいは猛ふぶきになる恐れがあります。27日に予想される最大瞬間風速は35メートル。特に気をつけたいのが、天気の急変です。今回のように低気圧が急速に発達して近づく場合、暴風が吹き荒れる直前までは風が穏やかなことがあります。出かけるときに風が弱くても、突然ふぶき始めて見通しがきかずに車の運転が困難になることがあります。28日にかけては遠くへの外出は控えた方がよさそうです。また、交通機関が大きく乱れることも予想されるので、北海道や東北方面へ帰省される方は風のピークを避けるなど、予定の変更も想定しておきましょう。

2013-12-27-02_02.jpg

27日の天気

西日本も大雪に要注意

27日から28日にかけては北陸や山陰の上空5500メートル付近に、氷点下35度以下のこの冬一番の寒気が流れ込む見込みです。このため日本海側では広い範囲で雪が予想されます。27日午後6時までの24時間に予想される降雪量は何れも多い所で、北海道や北陸・中国地方で40センチ、東北や関東甲信(北部山沿いと長野県)・東海地方(岐阜県など)・近畿北部で30センチ、九州北部で20センチとなっています。28日にかけて更に雪の降る量は多くなるでしょう。27日からは福岡では連日の雪となり、28日は鹿児島でも降雪となる見込みです。普段あまり雪の積もらない所でも積雪になる可能性があるので、車の運転は路面状況の変化に十分ご注意ください。

2013-12-27-02_03.jpg

28日の天気

(2013年12月26日 19時49分)

【関連リンク】

2013-12-27-02_04.jpg

木村 雅洋

気象予報士

天気予報の奥深さが好きです。

今の所、毎日100%に当たる天気予報はありませんが、

それに少しでも近づこうと進歩する所が気象の世界の魅力です。

私自身も「100%」を目指して日々勉強中!

雪にまみれる犬たち 画像集