BLOG

台風7号北上中 関東では夕方以降の激しい雨に注意

2016年08月15日 22時09分 JST | 更新 2016年08月15日 22時15分 JST

tenki

台風7号が日本の南海上を北上中。きょうも広い範囲に暖かく湿った空気が流れ込み、全国的に大気の状態が不安定となりそうです。あちらこちらで雨雲や雷雲が発生するでしょう。

きょうも全国的に不安定  所々で雨や雷雨に

台風7号が北上していることに伴い、日本列島の広い範囲に湿った空気が流れ込みます。

北海道は雨の降りやすい一日でしょう。

雷を伴って、激しい雨の降る所がありそうです。

大雨による低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水などに注意をしてください。

東北も雲に覆われて、昼頃から雨が降るでしょう。

関東は早い所では、昼前から雨が降り、夕方以降は台風本体の雨雲がかかり、滝のように非常に激しい雨の降る所がありそうです。また、台風の接近に伴い、次第に風が強まり、暴風の吹く恐れがあります。

海上はうねりを伴い、大しけとなるでしょう。

甲信越や東海から九州は晴れ間のでる所もありますが、午後は所々で雨雲や雷雲が発生しそうです。

沖縄はおおむね晴れますが、一時的に雨が降ることがあるでしょう。

北海道から東海は蒸し暑い 近畿から西は猛暑続く

今日の最高気温は北海道や東北、関東では30度前後と、きのうと同じくらいでしょう。

湿った空気に流れ込むため、湿度も高く、蒸し暑く感じられるでしょう。

北陸や甲信越、東海は32度前後。

近畿から九州にかけては、所々で最高気温が35度以上の猛暑日となるでしょう。

近畿から九州の西日本では、猛暑が続きます。

熱中症には引き続き警戒してください。

屋外では、日陰や木陰を選んで歩くなどして、暑さを避けましょう。

室内では、適度にエアコンや扇風機を使ったりして、暑さを我慢せずに、少しでも快適に過ごせるよう工夫をしましょう。

(2016年8月16日 9時14分)

関連リンク

2016-06-17-1466130712-8510534-small.jpg

若宮 秀樹

[日本気象協会本社]気象予報士
日直予報士をご覧になられてる方に少しでもお役に立てるような気象情報をお届けできればと思います。よろしくお願いします。