ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

tenki.jp Headshot

最高気温35度の予想も 全国的に熱中症に警戒

投稿日: 更新:
印刷

tenki
予想図

きょう(11日)は、南から北まで日本列島は熱い空気に覆われます。雨雲の発達しやすい状況が続くので、大雨の被災地での復旧作業は急な雷雨による二次災害と暑さによる熱中症に注意や警戒を!

きょうの天気

梅雨前線が北上し、日本海へ延びる見込みです。日本付近には広い範囲に湿った空気が流れ込むでしょう。

<各地の天気>

沖縄は夏空です。九州や中国、四国、近畿と東海は雲に覆われ、局地的に雷を伴った激しい雨が降るでしょう。大雨の被災地では二次災害に十分ご注意ください。北陸と関東甲信、東北は日差しは出ますが、午後は所々でにわか雨や雷雨があるでしょう。北海道も雲が多く、昼過ぎ以降は日本海側から次第に雨が降り始め、雷を伴い激しく降る所もある見込みです。

きょうの最高気温

日中の最高気温は30度を上回る所がほとんどです。那覇33度、鹿児島34度、福岡32度、高知と広島31度、松江と大阪33度、名古屋31度、東京32度、金沢34度、新潟33度、仙台31度、秋田32度の予想です。湿度も高く、汗が乾きづらい不快な暑さでしょう。タオルやハンカチを多めに持つと役に立ちそうです。北陸や関東甲信、東北では35度以上の猛暑日になる所もある見込みです。札幌30度、釧路24度で北海道も体に堪える暑さが続くでしょう。

(2017年7月11日 6時55分)

関連リンク

2016-05-02-1462155031-692661-small.jpg安西浩子
気象予報士 ファスティングアドバイザー
2002年に気象予報士に転身。NHKラジオ「あさいちばん」を始め、文化放送、NST新潟総合テレビ、NHK水戸放送などで気象キャスターとして経験を積む。

子供の頃は喘息が酷く、台風が沖縄付近に近づくと発作が起きるので、母からは天気予報の人みたいと言われて育ちました。20代は花粉症に悩まされたり、病気の絶えない日々を送る中、食改善をし、様々な不調を克服。
季節の野菜を食する日本食が、日本の激しい季節変化にも耐えうる元気な体を作ると身をもって体験!

そんな経験から、現在はファスティングアドバイザーとしても活動中。