BLOG

【台風21号】超大型、総選挙は嵐に 各地の降雨量予想は?

いつどこで滝のような雨が降ってもおかしくありません。

2017年10月21日 09時39分 JST | 更新 2017年10月21日 09時39分 JST

tenki.jp

九州から関東、東北は台風21号の接近前から大雨に。21日(土)は太平洋側で滝のような雨の降る所があり、22日(日)はさらに広い範囲に活発な雨雲。局地的には猛烈な雨となる恐れ。

総選挙は嵐に

九州から関東、東北は台風21号の接近前から大雨となるでしょう。21日(土)は太平洋側を中心に雨脚が強まり、九州では南部を中心に、滝のような非常に激しい雨の降る所がある見込みです。22日(日)はさらに広い範囲に活発な雨雲がかかり、あちらこちらで土砂降りの雨に。いつどこで滝のような雨が降ってもおかしくありません。さらに台風本体の雨雲がかかることにより、局地的には恐怖を感じるくらいの猛烈な雨となる恐れがあります。風も急激に強まり、横なぐりの雨となるでしょう。嵐の中での総選挙となりそうです。

台風21号の特徴

台風21号は20日(金)午後6時現在、超大型で強い勢力です。強風域がかなり広く、台風を取り巻く雨雲も広い範囲にわたって発達しています。そのうえスピードアップしながら北上するため、台風が離れていても、早い段階から強い風や強い雨の影響を受けはじめ、さらに影響が長引くことも考えられます。交通機関への影響も懸念され、早め早めの対策が必要です。

雨・風・波の予想

●雨について

【21日18時までの24時間に予想される雨量(多いところ)】

  • 沖縄地方、九州南部・奄美地方 180ミリ
  • 近畿地方、東海地方 100ミリ

【22日18時までの24時間に予想される雨量(多いところ)】

  • 東海地方 300から400ミリ
  • 沖縄地方、九州南部・奄美地方、近畿地方、関東甲信地方 200から300ミリ
  • 中国地方、四国地方 100から200ミリ
  • 北陸地方、九州北部地方 100から150ミリ

●風・波について

【21日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)】

  • 沖縄地方 40メートル(60メートル)

【21日にかけて予想される波の高さ】

  • 沖縄地方 13メートル
  • 奄美地方 7メートル

2017年10月20日 19時8分

【関連リンク】

tenki.jp

中川 裕美子

[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

2007年1月より日本気象協会勤務。

ラジオやストリーミングでの天気解説、新聞やテレビの天気原稿作成などを担当。

「天気でわかる四季のくらし」(新日本出版社)を共同執筆。

一児の母となり、公私ともに奮闘中。