ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

tenki.jp Headshot

ゴールデンウィーク後半の行楽日和、いつまで?

投稿日: 更新:
印刷
2017-05-03-1493776730-9140968-large6.jpg
3日から4日は晴れて、行楽日和に。北海道では気温が急上昇。札幌は年に何度もない気温差に。5日も北海道から東海は晴れ間がでますが、西から天気はゆっくり下り坂。6日は広く雨が降り、お出かけにはあいにくの天気となりそうです。


◆3日から5日は汗ばむ陽気


3日(水)憲法記念日から4日(木)みどりの日にかけては北海道と本州は広く晴れるでしょう。日中は汗ばむくらいの陽気の所が多くなりそうです。特に、季節先取りの暖かな空気が流れ込みやすい北海道で気温の上がり方が顕著です。

3日と4日は北海道でも所々で夏日になるでしょう。札幌では2日の最高気温は14度2分でしたが、3日は24度と10度近く高くなりそうです。一気に10度近く気温が上昇するのは年に何度もないことです。急な暑さで体調を崩さないようお気をつけ下さい。

5日(金)も北海道から東海は晴れ間が広がり、初夏の陽気が続くでしょう。一方で、西日本には湿った空気が流れ込みやすく、近畿から九州は雲が多くなりそうです。九州は所々で雨が降るでしょう。

◆6日は雨具が必要に


6日(土)は北海道から九州にかけて、低気圧や前線の影響で広く天気が崩れるでしょう。九州や中国、四国は断続的に雨、近畿から北海道も一時的に雨が降りそうです。大雨になることはない見込みですが、一時的には雨脚の強まる所もあるでしょう。北海道や東北を中心に風も強まりそうです。関東は曇りマークですが、所々で雨が降るでしょう。各地でお出かけには雨具が必要で、屋外のレジャーなどは3日から5日がオススメです。
6日は、曇りや雨でも西日本の最高気温は25度くらいまで上がって、少しムシムシするかもしれません。北海道の季節先取りの暑さは収まるでしょう。

7日(日)は関東や東海、北陸は雲が広がりやすいですが、そのほかは晴れ間の戻る所が多そうです。連休最終日は青空の所が多くなるでしょう。

(2017年5月2日 18時42分)

【関連リンク】

2017-05-03-1493777392-2791657-small2.jpg吉田 友海
[日本気象協会本社]気象予報士

信託銀行に勤務しながら、気象予報士の資格を取得。仙台に移住し、「民放ラジオ」や「NHK山形」で気象コーナーを担当。その後、東京に戻り、「NHKラジオジャーナル」で気象キャスターを務めました。
現在は、一児の母となり、天気予報と子育てに奮闘する毎日。ラジオの気象コーナーを担当したり、テレビ局の天気原稿や地方紙のコラムも執筆しています。
土砂降りの雨の中、小さな子供を連れて歩くのは大変!暑ければ熱中症が心配だし、寒ければインフルエンザが心配。以前より天気に敏感になりました。お母さん予報士として、生活に密着した情報を伝えていきたいと思います。