BLOG

関東 帰宅時間帯の雪は(望月圭子)

2014年02月04日 16時24分 JST | 更新 2014年04月05日 18時12分 JST

15時現在、関東では、所々に雪雲がかかっています。東京大手町では昼前から「みぞれ」で、23区には、去年の成人の日の大雪以来の「風雪注意報」が発表されています。この雪は、帰宅時間まで残る所もありそうです。雪が止んでも、路面の凍結にご注意下さい。

te

関東の雪の時間

関東で降っている雪ですが、15時の積雪は、宇都宮で7センチ、秩父で5センチ、熊谷で3センチとなっています。

都心では、昼前から「みぞれ」を観測しており、23区内のビルの高層階では、雪の粒が大きく見えてきました。

風も強めに吹いていて、東京23区では、去年の1月14日「成人の日」以来の、『風雪注意報』がでています。

この後の雪の見通しですが、東京では、降り方のピークは、19時頃まででしょう。

平地でも、うっすら積もる可能性もあります。

雪雲は、南東へ進んでいるので、関東では、21時以降は、雪が止んでくる見込みです。

ただ、千葉県など関東南部では、帰宅時間には、まだ雪が降っている所もありそうです。

交通機関に乱れがでる恐れもありますので、お気をつけ下さい。

北部の山沿いや茨城北部では、あすまで雪の残る所があるでしょう。

■ 雪が止んでも 風と寒さに気をつけて

雪が止んだ後も、注意が必要なのが、風と寒さです。

今夜は、冬型の気圧配置が強まるため、北風が強く吹くでしょう。

そして、夜には都心でも気温が0度近くまで下がる予想で、路面が濡れた所では、日付をまたがずに、今夜から凍結する恐れがあります。

橋の上や、金属の板が敷いてある所などは、特に気温が低くなります。

足元はもちろん、車の運転にも、十分な注意が必要です。

追記:埼玉県川越市では、15時くらいから雪の降り方が強まって、雪化粧してきました。

雪になれていない地域ですので、この後も、お気をつけ下さい。

te

(2014年2月4日 15時20分)

【関連リンク】

Tiere im Schnee

 

雪まつり 画像集

2013-12-17-small.jpg

望月圭子

気象予報士

福島県会津生まれ。

東京での大学生活を経て、テレビ山梨のアナウンサーに。

ニュースや中継、県政番組、音楽番組、グルメコーナーなど、幅広く経験しました。

フリーに転身後、大好きな気象を学び、気象予報士の資格を取得。

『OAに強い気象予報士』として

テレビ山梨「ニュースの星」気象キャスターや

NHKラジオ「ジャーナル」気象キャスターを務め、

フジテレビで気象の解説をしたり、

文化放送やニッポン放送、JFNなどでも、天気を伝えてきました。

現在は、テレビやラジオの天気原稿を書いたり、

新聞の天気概況も担当しています。

「どう伝えるか」ではなく

「あなたに、どう伝わるか」を大切にしながら

日々の天気を伝えている私が、

『あなたのお抱え気象予報士』になれれば、幸いです。