BLOG

【台風情報】台風11号 関東影響は今夜からあす(財目かおり)

2014年08月09日 16時58分 JST | 更新 2014年08月09日 17時00分 JST

台風11号はあす未明ごろ、四国に接近上陸の恐れ。その後日本海に抜ける予想となっていますが、台風から離れた関東への影響は、今夜からあすにかけてとなりそうです。

2014-08-09-large.jpg

9日午後3時現在 雨雲の様子

台風11号の接近に伴い広い範囲で雨が降り、特に九州から近畿にかけて大雨となっています。このあと台風は西日本を縦断する見込みですが、台風から離れた関東地方でも油断は禁物です。きょう午後3時現在の雨雲の様子からも分かるように、台風本体の雨雲だけではなく、台風を取り巻く外側の雨雲が雨を降らせています。三重県では、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降った所がありました。また、台風周辺の湿った空気が流れ込んでいる影響で、東北にかけての広い範囲で雨となっています。関東地方も、台風からの湿った空気がたっぷりと入り、大気の状態が非常に不安定となっています。きょう(9日土曜日)夕方以降は関東も広い範囲で雨が降り、時間が遅くなるにつれて、雨脚が強まる見込みです。

◆関東の雨

台風11号は動きが遅いのが特徴で、同じような場所で雨が長く続く恐れがあります。関東地方も、雨の降る時間が長く、今夜からあすいっぱい雨が続き、大雨となるでしょう。局地的には雷を伴って、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込みです。まるで滝のような雨の降り方となり、あっという間に川が増水したり、道路が冠水したりしそうです。暗くなってからの雨ということで、周囲の状況の変化に気付きづらくなりそうです。十分に注意してください。また、帰省ラッシュのピークを迎えていますが、不慣れな場所を移動される方は、より一層、慎重に行動なさってください。あす日曜日は、関東は広い範囲で大荒れの天気が続くでしょう。

・あす(10日)朝までに予想される雨量 150ミリ

・あさって(11日)までに予想される雨量 200ミリから300ミリ

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。

また、大気の状態が非常に不安定なため、所々で積乱雲が発達しそうです。竜巻などの激しい突風や落雷にもご注意ください。空が一層暗くなったり、急に風がヒンヤリしたり、ゴロゴロと音が聞こえたら、安全な場所に避難して下さい。

◆関東の風と波

関東の風のピークは、あす(10日)になりそうです。次第に南よりの風が強まり、特に沿岸部では強く吹く見込みです。関東地方では、暴風が吹き荒れるようなことはなさそうですが、それでも歩くのが大変なくらいの強い風が吹くでしょう。また、海上は台風からのうねりで波が高く、あすにかけては大しけとなる見込みです。高波に警戒が必要で、海のレジャーは控えた方がよさそうです。

・あすにかけて予想される波の高さ 6メートル

海はきょうから大潮の期間にあたり、潮位が年間でも最も高い時期を迎える上に、台風の接近に伴い潮位が高くなりそうです。海岸や河口付近などでは、浸水や冠水に注意が必要です。

2014-08-09-japan_near_20140809150000large.jpg

台風進路予想図

また、今回の日直予報士は関東の情報のみとなっていますが、tenki.jpでは、常時台風情報を更新していきます。このあと、台風の上陸、全国への影響など、こまめにご確認ください!!

(2014年8月9日 16時12分)

あわせてチェックしたい

台風11号の進路予想図

雨雲の動き

注意報・警報

台風11号 大雨や暴風が長く続く恐れ

2014-08-09-smalla.jpg

財目かおり

気象予報士

元・北陸放送アナウンサー

退社後、育児の傍ら勉強をして気象予報士になりました。

★著書『気象予報士かんたん合格ノート』 技術評論社

日直予報士では、二人のお母さんらしい、身近で役立つ情報をお届けします。