BLOG

【台風情報】台風21号、動きが遅く影響長引く

2015年09月26日 21時42分 JST | 更新 2015年09月26日 21時42分 JST

2015-09-27-1443313410-8281530-large.jpg

沖縄は次第に荒れた天気になるでしょう。27日日曜日、台風21号は非常に強い勢力に発達し、28日にかけて石垣島など先島諸島へ接近する見込みです。台風の動きは遅いため、影響が長引くでしょう。

強い台風21号は26日午後3時、沖縄の南にあって、時速20キロで発達をしながら北西へ進んでいます。

27日には非常に強い勢力となり、28日にかけて石垣島など先島諸島へ接近、29日にかけて台湾や華南へ進む見込みです。

周りに台風を押し流す風がないため、台風の動きはゆっくり。台風による影響が長引くでしょう。

沖縄 次第に荒れた天気へ

●27日 雲が多く、夜は広く雨

台風周辺の湿った空気の影響で、発達した積乱雲が発生しやすくなる見込みです。局地的に雷を伴って強い雨が降るでしょう。落雷や突風にも注意が必要です。

○高波に厳重警戒

海は次第に大しけとなり、先島諸島では猛烈にしけるでしょう。

○強風、高潮に注意

風が次第に強まり、27日昼前から非常に強い風が吹くでしょう。瞬間的には35メートルの立っていられないくらいの風が吹く恐れがあります。

強い風で閉まったドアで指をはさんだり、転んでしまうこともありますから、十分にお気を付けください。

また潮位が上がる見込みです。27日明け方から朝にかけて、海岸や河口付近の低い土地では、浸水や冠水にご注意ください。

●28日 先島諸島は大荒れ

先島諸島は暴風となり、猛烈なしけが続く見込みです。

沖縄本島は断続的に雨が降り、風も強く、海は大しけでしょう。

九州南部・奄美 高い波に注意・警戒

台風からのうねりが入り、海は奄美では大しけ、九州南部でも波が高くなる見込みです。

奄美は雨が降ったりやんだりするでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風にもご注意ください。

2015-09-27-1443313353-7507165-large1.jpg

台湾 28日以降に台風の影響

仕事や旅行などで台湾方面に出かける方は、28日以降に台風の影響が出てきそうです。

台北では28日と29日に雨風ともに強まり、荒れた天気になる見込みです。

空の便への影響が予想されますので、最新の情報をご確認ください。

(2015年9月26日 21時34分)

【関連記事】

2015-09-27-1443313298-7352217-small.jpg


深水 瑶子


気象予報士 防災士


瀬戸内生まれ。


パンを作りながら、天気の移り変わりを感じること、しばしば。あなたの「知りたい」にこたえられるような記事作りを心掛けます。