BLOG

九州南部 梅雨明け

2015年07月17日 00時06分 JST | 更新 2015年07月17日 00時06分 JST

17日午前11時、鹿児島地方気象台は「九州南部が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

tsuyuake

平年(7月14日ごろ)より3日遅く、昨年(7月16日ごろ)より1日遅い梅雨明けです。

(最早記録:6月24日(1955年) 最遅記録:8月8日(1957年))

※尚、梅雨入り、梅雨明けの時期は、秋に再検討され、見直されることがあります。

梅雨入りした6月2日からきのう7月16日までの降水量は、鹿児島で1699.5ミリでした。(この期間の平年625.1ミリ)

この先、九州南部は湿った空気の影響で雲が広がりやすい日もありますが、高気圧に覆われて、晴れる日が多い見込みです。

2015-07-17-1437100770-8835311-large1.jpg

九州南部の梅雨 記録的な大雨

すでに沖縄と奄美が梅雨明けしています。

今年は梅雨前線が九州南部付近に停滞することが多く、鹿児島市で6月の雨量が観測史上1位になるなど、記録的な大雨になりました。

(2015年7月17日 11時17分)

【関連リンク】

日直主任

臨機応変に日直予報士記事をアップします!

「日直予報士」は、日本気象協会所属の気象予報士が交代で全国の天気を解説します。

日々の天気、季節の話題など皆さんの生活に密着した気象情報もお届けしています★