BLOG

【台風情報】台風15号、16号 来週にかけて警戒

2015年08月21日 21時52分 JST | 更新 2016年08月21日 18時12分 JST

photo

日本に接近中のダブル台風。「非常に強い」15号は先島諸島に接近し、今夜から風が強まる見込み。その後、来週にかけても警戒を。また、「強い」16号はきょう昼過ぎにかけて、小笠原諸島に最も接近する予想です。

■ 非常に強い15号 先島諸島に接近中

非常に強い台風15号。まず影響が出るのは、沖縄県の先島諸島です。海上は今夜から猛烈なしけとなり、あす明け方からは、走行中のトラックが横転するような猛烈な風が吹くでしょう。樹木や電灯も倒れるおそれがあり、屋外での行動は危険です。また、局地的に、息苦しくなるような猛烈な雨となる見込み。あすにかけて、厳重に警戒してください。

沖縄本島や奄美地方に最も接近するのは、24日月曜以降になる見込み。晴れ間の出るきょうのうちに、台風への備えを万全にしておきましょう。なお、海上はあすには大しけとなりそうです。

■ 来週の天気 台風15号の進路次第

台風15号はその後、25日火曜から26日水曜にかけて、西日本に接近する見込み。予報円の中心を進むと、九州に接近・上陸するおそれもあります。(予報した時刻に予報円内に台風の中心が入る確率は70%です)また、台風から離れた場所でも湿った空気が流れ込み、火曜から水曜は、広く曇りや雨となる見込み。ただ、予報円はまだ大きく、進路の予想に幅があります。来週の天気は台風15号の進路次第といえますので、こまめにチェックすることをおすすめします。

photo

■ 強い台風16号 きょう小笠原諸島に最も接近

一方、強い台風16号は、きょう昼前から昼過ぎにかけて、小笠原諸島に最も接近。看板が落ちたり、道路標識が傾くような非常に強い風が吹く見込み。海上は大しけの状態が続くでしょう。また、バケツをひっくり返したような激しい雨が降る所もありそうです。

また、台風から遠い西日本から北日本にかけての太平洋側でも、台風からのうねりが入るため、あすにかけて高波に注意が必要。海の近くにお出かけの方は、十分お気をつけください。

photo

(2015年8月22日 8時18分)

【関連リンク】

台風情報

台風を知る

警報・注意報

日直予報士

2015-08-22-1440204173-6943232-japan_widesmall1.jpg

台風情報

2015-08-22-1440204243-4633339-small2.jpg

雨雲の動き

2015-08-22-1440204295-6164644-japan_small.jpg

警報・注意報

default

石上 沙織
気象予報士
「どんなときでも、天気予報だけは必ず見る」NHK岐阜放送局のキャスター時代、取材に伺った職人さんから聞いた言葉です。天気次第で、仕事の進め方や作品の出来が変わってしまうとのこと。以前から「人の役に立つ情報を伝えたい」と考えていた私は、「これだ!」と思い、気象予報士を目指すことになりました。
その後、NHK名古屋放送局キャスターや中部支社での解説・予報業務を経て2015年春より日直予報士の一員に。
読んでくださった皆さんに、少しでも「役に立った」と思ってもらえる記事を目指します!