BLOG

台風18号、九州上陸へ 各地の予想雨量は?

西日本を中心に大荒れの天気となりそうです。

2017年09月17日 09時39分 JST | 更新 2017年09月17日 09時39分 JST

tenki.jp

台風18号予想進路図

大型で強い台風18号は、朝から昼前にかけて九州に上陸する恐れがあります。その後は、昼過ぎから夜にかけては、四国や中国、近畿を通過するでしょう。きょうは西日本を中心に大荒れの天気となりそうです。

きょうは西日本を中心に大荒れ

きょう(17日)は、台風が九州に上陸し、西日本を縦断していくでしょう。このため、西日本を中心に大荒れの天気になりそうです。また、秋雨前線が本州に停滞しているため、台風が接近する前から大雨になっています。西日本だけでなく、東日本や北日本など広い範囲で雨が降る見込みです。

九州から関東は一日雨で、局地的には猛烈な雨が降るでしょう。東北の南部も昼頃から雨が降り出し、東北北部や北海道も夜は次第に雨となる見込みです。あすにかけて広い範囲で大雨の恐れがありますので、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに警戒や注意をしてください。

あす(18日)は、台風は温帯低気圧の性質を帯びながら、東日本から北日本の日本海側を北東に進むでしょう。暴風域や強風域が広がり、台風の中心から離れた所でも、暴風や強風に警戒や注意が必要です。台風は、18日夜にはサハリン付近へ進み、温帯低気圧に変わる見込みです。

予想雨量

18日6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、

  • 九州北部地方、四国地方、近畿地方
    350ミリ
  • 九州南部、中国地方、東海地方
    250ミリ
  • 関東甲信地方
    200ミリ
  • 東北地方
    180ミリ
  • 北陸地方
    150ミリ

19日6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、

  • 北海道地方
    100から200ミリ
  • 東北地方
    100から150ミリ
  • 北陸地方
    50から100ミリです。

西日本で猛烈な風と波

午前7時現在、台風は屋久島の西の海上を東北東に進んでいます。九州では海上を中心に猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなっている所があります。台風の接近に伴って、17日は西日本を中心に、猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなる所がある見込みです。18日にかけて、東日本と北日本でも非常に強い風が吹き、大しけとなる所があるでしょう。

また、西日本から北日本では、台風の影響で潮位が高くなる見込みです。海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に警戒・注意してください。

<予想される風と波>

17日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、

  • 九州南部・奄美地方
    35メートル(50メートル)
  • 九州北部地方、四国地方、中国地方、近畿地方
    30メートル(45メートル)
  • 北陸地方、東海地方
    25メートル(35メートル)
  • 関東甲信地方、東北地方
    20メートル(30メートル)
  • 北海道地方
    18メートル(30メートル)

18日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、

  • 中国地方
    30メートル(45メートル)
  • 東北地方、北海道地方
    28メートル(40メートル)
  • 近畿地方、北陸地方
    25メートル(35メートル)
  • 東海地方
    23メートル(35メートル)
  • 四国地方、関東甲信地方
    20メートル(30メートル)

17日に予想される波の高さは、

  • 九州南部・奄美地方
    9メートル
  • 九州北部地方、四国地方、近畿地方
    8メートル
  • 東海地方
    7メートル
  • 中国地方、関東甲信地方
    6メートル
  • 北陸地方
    5メートルです。

2017年9月17日 7時45分

関連リンク

安西浩子

安西浩子

[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員 ファスティングアドバイザー

気象予報士として15年。これまでにNHKラジオや文化放送、ニッポン放送、NST新潟総合テレビなどで気象解説を経験。

子供の頃は喘息が酷く、台風が沖縄付近に近づくと発作が起きるので、母からは天気予報の人みたいと言われて育ちました。20代は花粉症に悩まされたり、病気の絶えない日々を送る中、食改善をし様々な不調を克服。季節の野菜を食する日本食が、日本の激しい季節変化にも耐えうる元気な体を作ると身をもって体験!

そんな経験から、現在はファスティング(断食)アドバイザーとしても活動中。