BLOG

【台風情報】台風18号が北上中 強まる雨に注意

2015年09月07日 20時11分 JST | 更新 2016年09月07日 18時12分 JST

photo

本州の南岸に秋雨前線が停滞。その南では、台風18号が北上中。前線に向かって台風から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定に。8日火曜から雨が強まる所もあるため、注意が必要です。

■ 8日 近畿・山陰~東北で広く雨

上の画像は、7日午後5時現在の雲の様子。本州の南岸には、秋雨前線に伴う雲がのびています。

その南側には、台風18号に伴うまとまった雨雲が見られます。

8日火曜は、秋雨前線は引き続き本州の南岸に停滞する見込み。

近畿や山陰地方から東北にかけての広い範囲で雨が降るでしょう。

いったん止んでも、またザッと降り出すことがあります。

出かける時に雨が降っていなくても、傘を忘れずにお持ちください。

また、前線に向かって台風からの暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。

このため、台風本体の雨雲が近づく前から、局地的に雨が強まる見込み。

東海地方の沿岸部など、前線に比較的近い地域で、

バケツをひっくり返したような激しい雨が降るおそれがあります。

落雷竜巻などの突風にも注意が必要です。

■ 9日 東海地方を中心に大雨に警戒

台風18号は、予報円の中心を進んだ場合、9日水曜には東海地方に上陸のおそれ

東海地方を中心に、近畿から関東にかけても大雨となる可能性があります。

特に警戒が必要なのは、東または南東に開けた斜面。

こうした所に湿った空気が流れ込むと、雨雲が次々と発生・発達します。

台風が接近・上陸する前から雨が降り続き、雨量が多くなるおそれもあるため、注意が必要です。

吉田予報士の記事(「台風18号 速度あげて 9日に上陸へ」)にもあるように、今回の台風は「発生してから上陸までの時間が短い」ことが特徴のひとつに挙げられます。

雨がまだ本降りにならないうちに、家の周りの再点検をしたり、窓や雨戸を補強するなど、早めの対策を心がけましょう。

下のリンク「台風を知る」「万が一に備えて」も確認して、備えを万全になさってください。

photo

台風18号の予想進路(クリックすると最新の予想進路が見られます)

(2015年9月7日 21時32分)

【関連リンク】

台風18号 速度あげて 9日に上陸へ

台風情報

台風を知る

万が一に備えて

2015-09-07-1441666835-157561-smalltenki1.jpg

雨雲の動き

2015-09-07-1441667102-2911845-smalltenki2.jpg

現在の降水量

2015-09-07-1441667156-5981727-smalltenki3.jpg

予想天気図

default

石上 沙織
気象予報士
「どんなときでも、天気予報だけは必ず見る」NHK岐阜放送局のキャスター時代、取材に伺った職人さんから聞いた言葉です。天気次第で、仕事の進め方や作品の出来が変わってしまうとのこと。以前から「人の役に立つ情報を伝えたい」と考えていた私は、「これだ!」と思い、気象予報士を目指すことになりました。
その後、NHK名古屋放送局キャスターや中部支社での解説・予報業務を経て2015年春より日直予報士の一員に。
読んでくださった皆さんに、少しでも「役に立った」と思ってもらえる記事を目指します!