BLOG

【台風情報】台風18号、上陸地域より多い雨量が予想されているのは?

2015年09月10日 01時10分 JST | 更新 2015年09月10日 01時18分 JST

tenki

台風18号の予想進路図

台風18号は、9日午前10時過ぎに愛知県知多半島に上陸。東海地方を北よりに進んでいるものとみられます。今後は近畿・北陸地方を通過する見込み。台風の中心から遠い関東や東北地方でも、大雨が続くおそれ。引き続き厳重な警戒を。

東海で数年に一度の大雨 関東も200ミリ超え

台風18号は、接近・上陸前から大雨をもたらしました。

三重県や静岡県では、降り始めからの雨量が、多い所で300ミリを超えています。

数年に一度の大雨となっている所もあります。

また、関東でも雨量が多くなっており、降り始めからの雨量が、すでに200ミリを超えている所があります。

この大雨の影響で地盤が緩み、土砂災害が起こりやすくなっている所も。

午前11時30分現在、静岡県、神奈川県、長野県、山梨県、東京都、埼玉県、群馬県、福島県、山形県に「土砂災害警戒情報」が発表されています。

台風の中心から離れた所でも、土砂災害に厳重な警戒が必要です。

今後は近畿・北陸を通過 関東や東北地方も大雨に

台風18号は、午前11時現在、名古屋市付近を1時間に約25キロの速さで北北西に進んでいるとみられます。

今後は、近畿地方や北陸地方を通過。9日夜には日本海に進み、温帯低気圧に変わる見込みです。

10日正午までの24時間に予想される雨量は、多い所で

近畿・中国地方 100ミリ

北陸地方 80ミリ

となっています。

台風が接近する近畿や北陸地方よりも、さらに多い雨量が予想されているのが、関東や東北地方。

10日正午までの24時間に予想される雨量は、多い所で

関東甲信・東北地方 200ミリ

となっているのです。

これは、台風や、本州付近に停滞する前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため。

大気の状態が不安定になり、雨雲やカミナリ雲が発生しやすくなるのです。

このため、台風が日本海に抜けて、温帯低気圧に変わった後も、大雨が続くおそれがあります。

土砂災害に厳重に警戒し低い土地の浸水河川の増水やはん濫に警戒してください。

また、落雷竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

tenki

暴風や高波にも警戒を

台風18号の接近に伴い、東日本や西日本では、9日は非常に強い風が吹く見込みです。

予想される最大瞬間風速(最大瞬間風速)は、

近畿地方 20メートル(35メートル)

中国・東海・北陸地方 20メートル(30メートル)

何かにつかまっていないと立っていられないような風で、物が飛んできてケガをするおそれがあります。

車を通常の速度で運転することも難しくなります。外出の際は、十分に警戒してください。

また、海は大しけとなるでしょう。予想される波の高さは、

東海地方 7メートル

伊豆諸島 6メートル

近畿・関東・東北地方 5メートル

九州北部・中国・北陸地方 4メートル

となっています。海岸には、なるべく近づかないようにしてください。

(2015年9月9日 12時15分)

関連リンク

default

石上 沙織
気象予報士
「どんなときでも、天気予報だけは必ず見る」NHK岐阜放送局のキャスター時代、取材に伺った職人さんから聞いた言葉です。天気次第で、仕事の進め方や作品の出来が変わってしまうとのこと。以前から「人の役に立つ情報を伝えたい」と考えていた私は、「これだ!」と思い、気象予報士を目指すことになりました。
その後、NHK名古屋放送局キャスターや中部支社での解説・予報業務を経て2015年春より日直予報士の一員に。
読んでくださった皆さんに、少しでも「役に立った」と思ってもらえる記事を目指します!