BLOG

【台風22号】雨雲レーダーを見てみると…

本体の雨雲が九州南部にかかり始めました。

2017年10月29日 10時10分 JST | 更新 2017年10月29日 10時10分 JST

tenki.jp

29日午前5時現在、鹿児島県の一部が風速25メートル以上の暴風域に。九州南部には台風本体の活発な雨雲がかかり始めた。

台風22号は29日(日)午前5時現在、種子島の南南西およそ40キロ付近を時速30キロの速さで北東へ進んでいるものと推定されます。鹿児島県の一部が風速25メートル以上の暴風域に入っています。鹿児島県や宮崎県の所々で30メートル以上の最大瞬間風速を観測し、非常に強い風が吹いています。また、九州南部では台風活発な雨雲がかかりはじめ、鹿児島県錦江町田代(きんこうちょう・たしろ)では午前3時45分までの1時間に53ミリの非常に激しい雨を観測しました。そのほか、湿った空気が流れ込み、四国の太平洋側でも局地的に雨雲が発達し、高知県四万十市中村(しまんとし・なかむら)では午前2時39分までの1時間に47ミリの激しい雨を観測しました。

台風の北上に伴い、九州から関東にかけての太平洋側を中心に暴風や高波、大雨による低い土地の浸水や土砂災害、川の氾濫に警戒が必要です。

2017年10月29日 5時29分

【関連リンク】

tenki.jp

日直主任

臨機応変に日直予報士記事をアップします!

「日直予報士」は、日本気象協会所属の気象予報士が交代で全国の天気を解説します。

日々の天気、季節の話題など皆さんの生活に密着した気象情報もお届けしています★