BLOG

【台風22号】温帯低気圧に変わる、しかし油断できない

北上しながら急速に発達する見込みです。

2017年10月30日 10時02分 JST | 更新 2017年10月30日 10時02分 JST

tenki.jp

30日(月)午前0時、台風22号「サオラー」は三陸沖で温帯低気圧に変わりました。

24日午後3時、マリアナ諸島で発生した台風22号「サオラー」は発達しながら北上し、沖縄や奄美地方、西日本や東日本の太平洋側に大荒れの天気をもたらしました。そして30日(月)午前0時、三陸沖で温帯低気圧に変わりました。

温帯低気圧に変わったからといって油断はできません。中心気圧は、台風から温帯低気圧に変わってからの方が低い予想となっていて、北上しながら急速に発達する見込みです。東北や北海道の太平洋側を中心に、暴風や高波への警戒が必要です。

また日本付近は冬型の気圧配置になるため、30日(月)は全国的に北よりの風が強まる見込みです。日差しがあっても空気がヒンヤリ感じられるでしょう。

2017年10月30日 0時58分

【関連リンク】

tenki.jp

日直主任

臨機応変に日直予報士記事をアップします!

「日直予報士」は、日本気象協会所属の気象予報士が交代で全国の天気を解説します。

日々の天気、季節の話題など皆さんの生活に密着した気象情報もお届けしています★