BLOG

【台風情報】台風6号 関東から九州にかけて通勤通学に影響

2015年05月11日 20時03分 JST

台風6号は12日朝、沖縄・奄美に接近。速度を上げながら日本の南を進み、日本海の低気圧と共に広く荒れた天気をもたらすでしょう。通勤通学に影響が出るおそれがあります。

2015-05-11-1431384081-4205271-largetenki1.jpg

12日火曜日 沖縄・奄美 大荒れ

【暴風 12日朝にかけ警戒】不要な外出は控えましょう。予想される最大瞬間風速は、沖縄45~50メートル(トラックが横転するほど)/奄美35メートル(車の運転が困難になるほど)です。

【高波 12日にかけ警戒】海は大しけになるでしょう。

【滝のように降る雨】1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、落雷や竜巻などの突風にご注意ください。

2015-05-11-1431385122-3189250-largetenki2.jpg

12日火曜日 関東~九州 荒れた天気

【風が強い】

台風6号が日本の南海上を上空の風に乗って速度を上げる一方、日本海には発達しながら進む低気圧があります。東北から九州の太平洋側にかけ、南寄りの風が強まり海はしけるでしょう。雨は横なぐりの雨になりそうです。お出かけの際は、しっかりとした丈夫な傘に加えレインコートなどの雨具があるとよさそうです。

【非常に強い雨】

日本海の低気圧や前線に向かって、台風や高気圧から雨のもと=暖かく湿った空気がたっぷりと流れ込み、前線の活動は活発になるでしょう。関東から九州の太平洋側を中心に1時間50ミリ以上の非常に激しい雨、辺り一面が白っぽくなり車の運転が危険になるほどの雨が降るおそれがあります。落雷や竜巻などの突風にも注意が必要です。

通勤通学への影響は?

12日火曜日は九州は朝の通勤通学の時間帯、四国や近畿、東海、関東は夜の帰宅時間帯に影響が出るおそれがあります。雨のピークは、九州は朝から昼過ぎ、四国は昼前から夜のはじめ頃にかけて、近畿は昼過ぎから夜遅く、東海は夕方から、関東と東北は夜遅くからになる見込みです。

13日水曜日は関東と東北では朝の通勤通学の時間帯まで影響が残りそうです。

予報が出る度にピークの時間帯が変わるおそれがあります。最新の予報をこまめに確認するようにしてください。

(2015年5月11日 21時35分)

【関連リンク】

2015-05-11-1431384621-2870403-smalltenki1.jpg

雨雲の動き

2015-05-11-1431384664-9154986-japan_detail_precip_smalltenki2.jpg

現在の降水量

2015-05-11-1431384719-5880026-smalltenki3.jpg

予想天気図

2015-05-01-1430444214-8674539-20150501tenki_fukami5_small.jpg

深水 瑶子

気象予報士 防災士

瀬戸内生まれ。

パンを作りながら、天気の移り変わりを感じること、しばしば。あなたの「知りたい」にこたえられるような記事作りを心掛けます。