BLOG

台風7号が発生 進路予測は?(日直主任)

2015年05月09日 22時30分 JST

台風7号発生 過去最も早いペースで

5月9日午後9時にマーシャル諸島で台風7号が発生しました。

typhoon7

フィリピンの東を北上中の台風6号に続き、台風7号が発生しました。

名前は「ドルフィン」です。香港が提案したもので、香港を代表する動物の一つ、白いるかです。

台風7号が5月上旬までに発生するのは「1951年の統計開始以降、最も早い」ペースです。

台風7号は5月9日午後9時の時点で、中心気圧は940ヘクトパスカルです。

このあと、ゆっくりとした速度で、西よりに進む予想です。

(2015年5月9日 23時34分)

【関連記事】

日直主任

臨機応変に日直予報士記事をアップします!

「日直予報士」は、日本気象協会所属の気象予報士が交代で全国の天気を解説します。

日々の天気、季節の話題など皆さんの生活に密着した気象情報もお届けしています★