BLOG

【台風情報】台風9号 荒れた天気が長引くおそれ

2015年07月07日 20時42分 JST

日本の南海上には3つの台風がありますが、今回は台風9号に注目。今後、発達しながら北西に進み、9日木曜には沖縄本島や先島諸島に接近するおそれ。荒れた天気が長引く可能性があるため、早めの対策が必要です。

typhoon

大型で強い台風9号 発達しながら北西へ

日本の南海上にある3つの台風。ひまわり8号で撮影された画像を見ても、雲の渦がハッキリとわかります。中でも最も大きいのが、真ん中にある台風9号。台風の中心付近の雨雲の大きさは、直径約1000kmです。
この台風9号、今後も発達しながら北西へ進む予想。8日には大東島地方の南海上に達し、9日から10日にかけては沖縄本島や先島諸島に接近する見込みです。

2015-07-07-1436310512-1834633-large2.jpg

大型、ノロノロ運転以下の速さ...荒れた天気長引くおそれ

台風9号の接近に伴い、まず影響が出るのは大東島地方8日夕方から風が強まり、海は大しけに。沖縄本島などでも8日夜から強い風が吹く見込み。風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出るほどの強さです。出来れば、外出は8日の早い時間に済ませた方が良いでしょう。

9日は、台風はさらに沖縄地方に近づく見込み。沖縄本島先島諸島暴風となり、海は猛烈にしける見込み。奄美次第に風が強まりそうです。9日から10日にかけて、台風は時速約20~25キロで進む予想。自動車のノロノロ運転より遅いくらいのスピードです。直径1000kmの台風が20kmの速さで進むと計算すると、およそ50時間=丸2日も影響が出て、荒れた天気が長引くおそれがあります。

沖縄や奄美では雨・風が強まる前に、早めの対策を心がけましょう。また、台風の大きさ・強さや進路は変わる可能性があるので、最新の予報をtenki.jpで確認するようにしてください。

(2015年7月7日 21時32分)

【関連リンク】

default

石上 沙織
気象予報士
「どんなときでも、天気予報だけは必ず見る」NHK岐阜放送局のキャスター時代、取材に伺った職人さんから聞いた言葉です。天気次第で、仕事の進め方や作品の出来が変わってしまうとのこと。以前から「人の役に立つ情報を伝えたい」と考えていた私は、「これだ!」と思い、気象予報士を目指すことになりました。
その後、NHK名古屋放送局キャスターや中部支社での解説・予報業務を経て2015年春より日直予報士の一員に。
読んでくださった皆さんに、少しでも「役に立った」と思ってもらえる記事を目指します!