Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

tenki.jp Headshot

台風12号、5日にかけ九州北部に上陸の恐れ 長時間の暴風と滝のような雨に注意

投稿日: 更新:
印刷
typhoonno12 台風情報
台風12号は暴風域を伴いながら、九州の西海上を時速10キロで北上中です。5日にかけて九州北部に上陸する恐れがあります。台風の動きが遅いので、九州では長い時間にわたり暴風や激しい雨の影響を受けそうです。


台風12号 日中は九州の西海上を北上


台風12号は暴風域を伴いながら、午前7時には枕崎市の西約90キロ付近を北上中です。
台風に近い枕崎では午前3時ごろに最大瞬間風速25メートルを観測しました。

この後も、九州の西の海上を時速10キロで北上を続け、5日にかけて九州北部に接近し、上陸する恐れがあります。

今回の台風の特徴は、風速25メートル以上の暴風域の範囲が比較的狭いので、台風が接近すると急激に風が強まる事です。午前7時の暴風域の範囲は中心から40キロくらいです。このエリアでは、瞬間的に40メートルの風が予想され、走行中のトラックが横転するほどの強さです。台風の動きが遅いので長い時間暴風が吹き荒れるでしょう。

そして、台風を取り巻く活発な雨雲が台風の中心の北側から東側にかけて広がっています。活発な雨雲の下では、1時間に50ミリ以上の滝のような非常に激しい雨の恐れもあります。雨の降る時間が長引きそうなので、雨の量が多くなるでしょう。

また、台風から離れた四国から東海地方でも、南から高温多湿な空気が流れ込むため、大気の状態が不安定になり、大雨になる所がありそうです。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫などに警戒してください。

風の予想
5日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州南部、九州北部 30メートル(40メートル)
5日にかけて予想される波の高さは、九州南部、九州北部6メートルの大シケ

暴風が吹き荒れる時間帯
九州南部では4日昼過ぎにかけて、九州北部では今夜から5日夕方にかけて

雨の予想
九州南部では4日夜遅くにかけて、九州北部では今夜から5日朝にかけて、
1時間に50ミリ以上の滝のような非常に激しい雨の降る所があるでしょう。

5日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所ですが、
九州南部、九州北部 200ミリ、四国は150ミリ、東海は120ミリ、近畿は100ミリの見込みです。

その後も雨は続き、6日午前6時までに予想される雨量は、いずれも多い所ですが、
九州北部、中国、四国は100ミリ~150ミリ、近畿は50ミリ~100ミリの見込みです。

日本海側は猛暑日に迫る暑さ


関東や東北の太平洋側も湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定です。雨が降りやすく局地的には激しい雨も降りそうです。北陸や東北、北海道の日本海側は晴れ間が出ますが、所々でにわか雨や雷雨があるでしょう。

また、北陸や東北の日本海側は暑さが厳しくなる見込みです。新潟や秋田の予想最高気温は34度です。猛暑日に迫る暑さとなりますので、熱中症にはご注意下さい。

(2016年9月4日 8時5分)

【関連記事】

2016-05-02-1462155031-692661-small.jpg安西浩子
気象予報士 ファスティングアドバイザー
2002年に気象予報士に転身。NHKラジオ「あさいちばん」を始め、文化放送、NST新潟総合テレビ、NHK水戸放送などで気象キャスターとして経験を積む。

子供の頃は喘息が酷く、台風が沖縄付近に近づくと発作が起きるので、母からは天気予報の人みたいと言われて育ちました。20代は花粉症に悩まされたり、病気の絶えない日々を送る中、食改善をし、様々な不調を克服。
季節の野菜を食する日本食が、日本の激しい季節変化にも耐えうる元気な体を作ると身をもって体験!

そんな経験から、現在はファスティングアドバイザーとしても活動中。