Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

tenki.jp Headshot

台風13号、本州に接近中 8日に上陸の恐れも

投稿日: 更新:
印刷
typhoonno13
昨日、発生した台風13号「マーロウ」。今日午前6時現在、屋久島の南西約150キロにあって、1時間に20キロの速さで北東へ進み、本州に接近中です。今日は本州付近に前線が停滞する見込みで、台風が近づく前から大雨に要警戒です。


台風13号 現在の位置と今後の進路、予想される雨量や風の強さは?


台風13号は今日午前6時現在、屋久島の南西約150キロの海上を1時間に20キロの速さで北東へ進んでいます。
このあと、偏西風の流れにのるため、速度を少し速めながら、本州を沿うように進みます。

今日の夜には四国沖に、明日にかけて、東日本から北日本に接近し、上陸するおそれがあります。

また、本州付近には前線が停滞し、台風周辺の湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっています。このあとも大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。

明日6時までの24時間に予想される雨量は以下のとおりです。(いずれも多い所で)
近畿200ミリ
東海、関東甲信150ミリ
沖縄120ミリ
四国100ミリ

大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒なさってください。
増水している川の近くには絶対に近づかないようにしてください。

明日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は以下のとおりです。
東海、関東甲信25メートル(35メートル)
東北23メートル(35メートル)
北海道20メートル(30メートル)

暴風やうねりを伴った高波に警戒してください。

typhoonno13

きょうは本州付近に前線が停滞する見込みです。

台風周辺の湿った空気が前線に向かって流れ込み、九州から関東甲信は大気の状態が不安定となります。
広い範囲で雨が降り、局地的に雨雲や雷雲が発達するでしょう。

前線+台風周辺の湿った空気で大雨に警戒が必要です。
1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る所がありそうです。

東北や北海道は晴れ間もありますが、所々で雨が降る見込みです。
台風に近い沖縄や奄美では雨や風が強く、荒れた天気でしょう。

最高気温は東北から九州、沖縄にかけて、30度前後の所が多くなりそうです。
南から暖かく湿った空気が流れ込むため、日中は蒸し暑く感じられるでしょう。

(2016年9月7日 9時17分)

【関連記事】

2016-06-17-1466130712-8510534-small.jpg

若宮 秀樹
気象予報士

日直予報士をご覧になられてる方に少しでもお役に立てるような気象情報をお届けできればと思います。よろしくお願いします。