BLOG

【台風22号】28日に沖縄へ接近し大荒れ、西日本から東日本に接近するのはいつ?

東日本と西日本の太平洋側は、台風から離れていても前線の影響で28日(土)から雨が降りそう。

2017年10月26日 14時43分 JST | 更新 2017年10月26日 14時43分 JST

あさって28日(土)は台風22号が沖縄に最接近、29日(日)から30日(月)は西日本から東日本に接近するおそれ。台風が近づく前に、早めの備えをお願いします。

あす(27日)の天気

北海道と関東から中国、四国は、ほぼ一日晴れるでしょう。東北は多少雲の広がる時間もありますが、おおむね晴れる見込みです。九州も晴れますが、南部では台風周辺の湿った空気の影響で雨の降る所がありそうです。沖縄も台風周辺の湿った空気の影響で、午後は雨が降るでしょう。また、台風の北上に伴い風が強まり、海は大しけとなる見込みです。

気温はきょう(26日)と同じくらいで、日中は快適な陽気の所が多くなりそうです。ただ、朝晩との気温差が大きくなりますので、服装で調節をして下さい。

あさって以降の週間天気

あさって28日(土)には台風22号は暴風域を伴って沖縄に接近し、大荒れの天気になる見込みです。台風が近づく前に避難経路を確認し、飛ばされやすい物は部屋の中へ片付けておいたり、非常用品を準備しておくなど、早めの備えをしておきましょう。東日本と西日本の太平洋側は、台風から離れていても前線の影響で28日(土)から雨が降りそうです。前回の台風21号の大雨で地盤が緩んでいる所もありますので、土砂災害等に注意が必要です。その後台風22号は29日(日)から30日(月)にかけて九州や四国、本州に接近するおそれがありますが、まだ予報円が大きく、予想に幅があります。大回りの進路を取ると西日本から東日本にかなり接近または上陸する可能性があります。最短のコースを取った場合は本州への影響はそれほど大きくなさそうですが、小笠原諸島に接近する可能性があります。今後の進路によって影響が大きく変わってきますので、常に最新の台風情報をご確認下さい。

台風22号の予想進路(26日午前9時45分発表)

(2017年10月26日 11時57分)

関連リンク

台風情報

雨雲の動き

警報・注意報

平出 真有

[日本気象協会本社]気象予報士 熱中症予防指導員

大学卒業後、フリーアナウンサーとして活動。その後一般企業に就職するも、東日本大震災の時、テレビで災害時の解説をする気象予報士の姿に感銘を受け、その日から夢は気象キャスターに。翌日から気象予報士試験の勉強を開始。資格取得後は民間気象会社でラジオ、インターネット動画での解説、原稿執筆などを担当。2017年より日本気象協会本社に所属。気象災害から人の命を守ること、的確にわかりやすい解説をする事が目標。

趣味は食べ歩き、お酒、フィギュアスケート観戦、ホットヨガ、美容全般

○現在の出演番組

文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ! 」「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI! 」

goo天気動画

○これまでの出演番組

yahoo天気・災害動画

TBSラジオ「ジェーン・スー生活は踊る」「たまむすび」「久米宏 ラジオなんですけど」「荒川強啓 デイ・キャッチ!」

NEXCO東日本「ドライビングウェザー」

MORE:News