Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

tenki.jp Headshot

台風12号、九州南部が暴風圏内へ 上陸する恐れも

投稿日: 更新:
印刷
typhoon12
強い台風12号は3日午前6時現在、奄美大島の東北東を北北西へ進んでいます。台風の北上に伴って、九州南部では今日の昼過ぎには暴風域に入る見込みです。暴風に厳重に警戒して下さい。


暴風に厳重警戒


強い台風12号は3日午前6時現在、奄美大島の東北東、約100キロの海上にあって、1時間におよそ15キロの速さ(自転車並みのスピード)で、北北西へ進んでいます。中心から半径40キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっており、奄美地方の海上では猛烈な風が吹き、大しけです。台風の中心に近い奄美空港では、瞬間的に立っていられないような強い風を観測しました。

このあとも台風12号は暴風域を伴ったまま北上する見込みです。台風がこのまま予報円の中心を進んできますと、今日の昼過ぎには九州南部(鹿児島県の一部)が暴風域に入る見込みです。

九州南部ではあす4日にかけて暴風となり、海上はうねりを伴い大しけとなるでしょう。予想される最大風速は40メートル、瞬間的には走行中のトラックが横転するほどの猛烈な風が吹く見込みです。暴風に厳重に警戒し、うねりを伴った高波に警戒して下さい。

また、その後も台風12号は北上を続け、あす4日昼前には九州北部が暴風域に入る見込みです。

大雨に警戒


台風12号はあす4日かけて九州にかなり接近し、上陸するおそれがあります。

九州では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨(滝のような雨)が降り、局地的には80ミリ以上の猛烈な雨(恐怖を感じるほどの雨)が降る見込みです。4日6時までの24時間に予想される雨量は九州南部 多い所で300ミリ。道路の冠水など低い土地の浸水、土砂災害や川の増水、氾濫に警戒して下さい。

※12号は比較的コンパクトなことが特徴です。近づくと急に風や雨が強まるおそれがありますので、ご注意下さい。

台風から離れた四国地方から東海地方でも湿った空気が流れ込んで、大気の状態が不安定になるでしょう。4日にかけて局地的な大雨に注意して下さい。

なお、tenki.jpでは今後も最新の台風情報を随時お伝えしていきます。こまめにご確認下さい。

(2016年9月3日 8時23分)

2016-09-03-1472862490-4102911-small.jpg藤野 勝成
気象予報士・防災士
流経大柏高校ラグビー部を卒業して、大学時代はサーフィンに熱中。
卒業後はオーストラリア、宮崎、湘南に移り住み、海と暮らしました。
「自分らしさ」で社会貢献を目指します!

趣味
サーフィン・ゴルフ
気象予報士の劇団「お天気しるべ」所属

【関連リンク】