BLOG

台風18号、17日夜にかけて西日本を縦断 今後の進路は?

雨や風が急激に強まる恐れがあります。

2017年09月17日 13時21分 JST | 更新 2017年09月17日 13時21分 JST

tenki.jp

台風18号 予想進路図

鹿児島県に上陸した大型の台風18号は、きょう17日の夕方には暴風域を伴ったまま四国にかなり接近、上陸の恐れ。さらに夜には中国地方や近畿に最も接近する見込みです。台風はこのあとスピードアップして西日本を縦断するため、雨や風が急激に強まる恐れがあります。

今後の進路は

台風18号は、きょう17日の午前9時に、「強い」勢力ではなくなりましたが、依然として強風域が広く「大型」です。午前11時半頃に鹿児島県南九州市付近に上陸しました。このあと夕方には暴風域を伴ったまま四国にかなり接近、上陸する恐れがあります。さらに夜には中国地方や近畿に最も接近する見込みです。台風はこのあとスピードアップして西日本を縦断しますので、今、雨や風の弱い所も油断大敵。台風の接近に伴い、急激に雨や風が強まってきます。また、台風の接近に伴い、前線の活動が活発になるでしょう。

雨の強さは?

あす18日にかけては九州から北海道にかけての広い範囲でカミナリを伴い滝のように非常に激しい雨が降るでしょう。局地的には猛烈な雨となる見込みです。猛烈な雨とは、息苦しくなるほどの降り方で、土砂災害が発生しやすくなり、あっという間に川の水かさが増えて、あふれる恐れがあります。

●18日12時までの24時間に予想される雨量(多い所で)

  • 四国地方
    350ミリ
  • 近畿地方
    300ミリ
  • 九州北部地方、中国地方
    250ミリ
  • 東海地方、東北地方、北海道地方
    200ミリ
  • 九州南部、関東甲信地方、北陸地方
    150ミリ

風の強さは? 波の高さは?

台風の接近に伴い、西日本を中心に猛烈な風が吹き、大しけとなる所があるでしょう。四国や中国地方は昼過ぎから、近畿は夕方から暴風域に入る恐れがあります。

●17日に予想される最大風速(最大瞬間風速)

  • 九州南部、九州北部地方、四国地方、中国地方
    30メートル(45メートル)
  • 近畿地方
    30メートル(40メートル)
  • 北陸地方、東海地方
    25メートル(35メートル)
  • 関東甲信地方、東北地方
    20メートル(30メートル)
  • 北海道地方
    18メートル(30メートル)

●17日に予想される波の高さ

  • 九州南部・奄美地方、九州北部地方、四国地方、近畿地方
    8メートル
  • 東海地方
    7メートル
  • 中国地方、関東甲信地方
    6メートル
  • 北陸地方
    5メートル

また、台風の影響で潮位が高くなるため、海岸や河口付近の低い場所では高潮による浸水や冠水にも警戒が必要です。

2017年9月17日 12時15分

【関連リンク】

tenki.jp

中川 裕美子

[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

2007年1月より日本気象協会勤務。

ラジオやストリーミングでの天気解説、新聞やテレビの天気原稿作成などを担当。

「天気でわかる四季のくらし」(新日本出版社)を共同執筆。

一児の母となり、公私ともに奮闘中。