BLOG

台風18号周辺の湿った空気、九州へ

九州は雨で、激しく降る恐れ。

2017年09月15日 09時48分 JST | 更新 2017年09月15日 09時49分 JST

きょう15日、晴れる所が多い。ただ、非常に強い台風18号が東シナ海を北上。沖縄は引き続き高波に警戒。更に、台風周辺の湿った空気が流れ込むため、九州は雨で、激しく降る恐れ。

きょうの天気

本州付近は高気圧に覆われる見込みです。ただ、東シナ海には非常に強い台風18号があり、ゆっくり北上します。この周辺の暖かく湿った空気が九州に流れ込むでしょう。

【各地の天気(西から)】

沖縄は午前中は雨や雷雨で激しく降る所があるでしょう。午後には雨が止んできますが、風の強い状態は続きます。海上は高波に警戒が必要です。

九州は雨で、雨脚の強まることもあるでしょう。特に南部では、カミナリを伴って激しく降る所がありそうです。

中国、四国は雲が多く、午後は所々で雨が降るでしょう。

近畿、東海、北陸、関東と東北南部は、おおむね晴れる見込みです。

東北北部と北海道は、昼前までは所々で雨や雷雨があるでしょう。昼過ぎからは晴れてくる見込みです。

なお、あすからの三連休は、台風18号の北上に伴って全国的に荒れた天気となる見込みです。台風が接近する前に、避難経路の確認など、台風への備えをなさってください。

きょうの最高気温

沖縄はきのうと同じかやや高く、那覇は31度の予想です。

九州と中国、四国は、きのうほど上がりませんが、湿気が多くムシムシしそうです。福岡と高知は25度、広島は27度でしょう。

大阪と名古屋で29度、東京で28度など、近畿や東海、関東は30度近くまで上がる所が多く、日差しが暑いでしょう。

北陸と東北南部は昨日と同じか低めで、金沢と仙台は26度の予想です。

秋田で23度、札幌で20度と、東北北部と北海道は25度に届かず、北風が吹いて体感温度がさらに下がりそうです。

(2017年9月15日 6時24分)

関連リンク

実況天気図

実況天気図

予想天気図

予想天気図

雨雲の動き

雨雲の動き


2017-08-04-1501805666-8319921-small1.jpg

戸田 よしか

[日本気象協会本社] 気象予報士

よろしくおねがいします。

MORE:News