BLOG

【台風22号】沖縄は暴風域に 本州も局地的な激しい雨の恐れ

台風22号は、土曜日は南西諸島を北上するでしょう。日曜日は西日本や東日本の太平洋側で荒れた天気になりそうです。

2017年10月28日 10時01分 JST | 更新 2017年10月28日 10時01分 JST

tenki.jp

台風22号は、土曜日は南西諸島を北上するでしょう。九州の南で向き東寄りに変え、日曜日は本州の南海上を東よりに進む予想です。土曜日は南西諸島で、日曜日は西日本や東日本の太平洋側で荒れた天気になりそうです。

沖縄本島は昼前後は大荒れに

台風22号は、午前8時の推定ですが、沖縄本島の南海上を北上中です。沖縄本島地方や奄美地方が風速15メートル以上の強風域に入っています。また、風速25メートル以上の暴風域が中心から110キロ四方に広がっており、沖縄本島ではまもなく、暴風域に入りそうです。沖縄本島や奄美地方は台風が近づくと暴風が吹き荒れるでしょう。台風は、昼ごろに沖縄本島付近を、夜の初め頃に奄美地方を通過する見込みです。南西諸島は、昼過ぎからあすの未明にかけて猛烈な風が吹き、海は大シケとなるでしょう。西日本でも29日は、海上は大シケとなる見込みです。

≪暴風・高波≫

予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄・奄美は30メートル(40メートル)、九州南部は25メートル(35メートル)。予想される波の高さは、沖縄・奄美・九州南部は7メートル、四国・近畿・東海は6メートル。

≪大雨≫

南西諸島では、29日にかけて非常に激しい雨が降る見込みです。西日本から東日本の太平洋側でも、29日は激しい雨や非常に激しい雨が降る見込みです。

29日6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、奄美は250ミリ、沖縄・九州南部は200ミリ、四国は150ミリ、近畿・東海・伊豆諸島は100ミリ。

30日6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、伊豆諸島は100から200ミリ、四国・近畿・東海は100から150ミリ。

大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫などに警戒や注意をしてください。

土曜日 沖縄と奄美で大荒れ

きょうの沖縄は大荒れの天気でしょう。一方、本州付近は前線の影響で、九州から東海にかけては一日雨で、本降りになる見込みです。関東や北陸も昼過ぎから雨になる見込みです。東北南部は雲が多く、夜遅くは雨の降り出す所があるでしょう。東北北部や北海道は青空が広がる見込みです。

日中の最高気温は、九州から東海は20度くらいの所が多いでしょう。関東は20度に届かず、肌寒く感じられそうです。東京は16度で11月中旬並みでしょう。金沢21度、仙台17度、青森20度、札幌16度の予想です。北陸や東北、北海道は平年並みか平年より高い所が多く、過ごしやすいでしょう。

日曜日 西日本と東日本の太平洋側で局地的な激しい雨の恐れ

沖縄の雨は明け方までですが、引き続き強風や高波には注意が必要です。九州の雨は昼頃までですが、四国や中国は夕方まで続くでしょう。近畿や東海、関東、北陸、東北南部はほぼ一日雨が降る見込みです。九州、四国、本州の太平洋側は局地的に雨が激しく降り、大雨になる恐れがあります。また、風も強まるでしょう。大雨や暴風、高波に警戒や注意をしてください。

東北北部や北海道も次第に雲が増えて、昼前後から雨が降りだす見込みです。日中の最高気温は、九州は23度前後、四国や中国から東海は20度に届かない所が多くなるでしょう。関東や北陸、東北は15度前後の予想です。雨や風の影響で、実際の気温よりも寒く感じられそうです。特に、関東は肌寒さが続くので、暖かなコートが必要でしょう。一方、北海道は暖かな南風の影響で気温の高めの状態が続きます。札幌は18度の予想です。

(2017年10月28日 8時21分)

関連リンク

tenki.jp

安西浩子

[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員 ファスティングアドバイザー

気象予報士として15年。これまでにNHKラジオや文化放送、ニッポン放送、NST新潟総合テレビなどで気象解説を経験。

子供の頃は喘息が酷く、台風が沖縄付近に近づくと発作が起きるので、母からは天気予報の人みたいと言われて育ちました。20代は花粉症に悩まされたり、病気の絶えない日々を送る中、食改善をし様々な不調を克服。 季節の野菜を食する日本食が、日本の激しい季節変化にも耐えうる元気な体を作ると身をもって体験!

そんな経験から、現在はファスティング(断食)アドバイザーとしても活動中。