BLOG

あすの夜明け前 金星と土星が超大接近

2016年01月08日 16時01分 JST | 更新 2016年01月08日 16時01分 JST

tenki

あす9日とあさって10日の夜明け前は、金星と土星が大接近します。太平洋側の地域ほど観察のチャンスあり。連休中の朝は寒さに負けず早起きをして、寄り添って輝く二つの星を観察してみてはいかがでしょうか。

金星と土星が超大接近

金星と土星がジワジワと近づいています。

あす9日の日中に最も近づく金星と土星。

その間隔は、空を見上げて手を伸ばした時の指一本分にも満たず、めったにない超大接近です。

暗い夜空で大接近した二つの星を観察できるのは、あす9日とあさって10日の夜明け前となりそうです。

夜明け前、午前4時過ぎから、南東の空に注目してください。

「明けの明星」金星と、土星が並んで昇ってきます。

土星は金星に比べると明るさは弱いですが、肉眼で見ることが可能です。

ほとんどピッタリと寄り添った二つの輝く星が見られるでしょう。

気になる天気は?

気になる天気ですが、あすの明け方は

太平洋側を中心に晴れ間の広がる所が多い見込みです。

太平洋側にお住まいのみなさんは、ぜひ早起きをして、夜明け前の空に注目してください。

一方、日本海側の各地の空は雲に覆われ、星空を見るにはあいにくの天気になりそうです。

ただ、西日本は雲の切れ間から見られるチャンスがあります。

空を見上げてみる価値はありますよ。

ただ、あすもあさっても、朝は冷え込みが強まります。

寒中らしい厳しい寒さになる所が多いので、

星空を観測される際は、手袋やマフラー、カイロや暖かい飲み物などを準備して

防寒対策を万全にしてくださいね。

tenki

(2016年1月8日 12時59分)

【関連記事】

2016-01-08-1452233580-6123544-small.jpg

岡安 里美

気象予報士

埼玉県出身です。

空や季節の変化が好きで

大学在学中に気象予報士の資格を取得。

みなさまの生活に寄り添った情報をお伝えします。