BLOG

台風15号、じわじわ北上 各地の天気、影響は?

台風15号がジワジワ北上

2017年09月01日 13時09分 JST | 更新 2017年09月01日 15時12分 JST

tenki.jp

台風15号がジワジワ北上。あすから4日頃にかけて、本州の東の海上から北海道の東へと進む予想。この影響で、関東や東北、北海道では荒れた天気となるおそれ。

あすの天気

台風15号がゆっくりと北上し、関東の東の海上へと進んできます。

【各地の天気(西から)】

沖縄と九州、四国は晴れるでしょう。

中国地方と近畿も晴れる所が多い見込みです。ただ、日本海から湿った空気が流れ込むため、山陰や兵庫、京都、滋賀ではにわか雨があるでしょう。

東海や甲信、北陸は、朝までは気圧の谷に伴う雨雲がかかるでしょう。昼頃からは晴れる見込みです。

関東は昼前まで雨で、雨脚の強まることもあるでしょう。沿岸部を中心に風も強く吹きます。雨は昼過ぎには止んできますが、強い風は夜まで続くでしょう。高速道路や橋の上では横風の影響を受けやすくなりますので、車の運転はくれぐれも慎重になさってください。

東北の日本海側は雲の間からときおり日が差すでしょう。一方、東北の太平洋側は一日雨が降ったり止んだりです。土砂降りになる所もあるでしょう。風も強まります。海上では非常に強い風が吹き荒れ、次第に大シケとなる見込みです。

北海道は雲が多く、釧路など太平洋側では夕方から次第に雨となるでしょう。

なお、台風15号の接近で大荒れの天気が続いている小笠原諸島は、あすの昼前までは雨で、風が非常に強いでしょう。午後は雨も風も収まってくる見込みです。

あさって以降の天気

あさって3日(日)は、北海道で大荒れの天気となるおそれがあります。台風15号が次第に近づくため、釧路や網走など東部を中心に、大雨となったり、暴風の吹く所がありそうです。東北は、雨は次第に止みますが、太平洋側の沿岸部を中心に風の強い状態が続くでしょう。関東から西は晴れる見込みです。

4日は広い範囲で晴れますが、北海道では台風の影響が続く所もあるでしょう。

なお、台風の進むスピードや進路によって、荒れた天気となるタイミングが少し変わってくる可能性もありますので、最新の情報をご確認ください。

その先、大陸からの高気圧が進んできたり、低気圧が通過したりと、秋らしく短い周期で天気が変わりそうです。

(2017年9月1日 11時21分)

関連リンク

------

戸田 よしか

戸田 よしか

[日本気象協会本社] 気象予報士

よろしくおねがいします。

------