BLOG

寒さの出口が見えない 関東は2日午前に雪や雨の予想

1日から2日にかけては太平洋側を中心に雪の降る可能性があり、注意が必要です。

2018年01月30日 13時34分 JST | 更新 2018年01月30日 13時44分 JST

tenki.jp

厳しい寒さが続く日本列島。この先も寒さの出口はまだ見えそうにありません。また1日から2日にかけては太平洋側を中心に雪の降る可能性があり、注意が必要です。

あすの天気

あす31日は日本海に低気圧が発生します。北海道や東北の日本海側や北陸を中心に雪が断続的に降るでしょう。低気圧が通過する際、降り方が強まることもありそうです。一方、本州の南の海上には前線が延びるでしょう。太平洋側の各地は昼頃までは晴れますが、次第に雲が多くなる見込みです。沖縄は夕方から雨。九州も夜は所々で雪や雨が降るでしょう。最高気温はきょうよりもやや高くなる所が多いですが、関東などでも10度に届く所は少なく、厳しい寒さとなりそうです。

あさって以降の週間天気

この先も寒さの出口がなかなか見えないでしょう。東北から九州、沖縄では、来週にかけて気温のかなり低い状態が続く見込みです。水道管の凍結が相次いでいる北陸ですが、今後も水道管の凍結などには引き続き注意が必要です。

また日本海側の雪ですが、来週にかけても大雪に警戒が必要です。さらに日本海側だけでなく、太平洋側でも再び雪が予想されています。あさって1日は、本州の南の海上を前線を伴った低気圧、いわゆる「南岸低気圧」が東へ進む見込みです。太平洋側を中心に西から下り坂。関東は2日に雪や雨が予想されています。雪や雨が降るのは、現時点では2日の午前中が中心となりそうです。前回ほどの大雪の見込みは少なくなってきましたが、沿岸部を中心に雨雲や雪雲がかかるでしょう。風も強まり、通勤通学に影響が出る恐れがあります。朝は十分に余裕を持ってお出かけください。

(2018年1月30日 11時46分)

関連リンク

小野聡子

[日本気象協会本社]気象予報士  熱中症予防指導員

福島県伊達市(旧伊達町)出身。桃畑に囲まれて育ちました。

大学卒業後、はとバスでバスガイドを務め、都内や関東近郊の観光案内をしていました。その後、NHK福島放送局へ。NHK福島放送局では、地域情報番組のキャスターとリポーターを務め、県内各地、自らカメラを持って取材に行くことも。構成や編集など制作全般も行っていました。2006年に気象予報士を取得。その後は子育ての傍ら、司会業を中心に、ブライダルプランナーや教材販売の営業などの仕事も経験。2016年に日本気象協会へ。

趣味は落語と着物。

アマチュア落語家として地元福島や都内近郊で活動中。(高座名:鹿鳴家おそら)

語りや朗読の活動も行っています。

現在、12歳、9歳、6歳の2男1女の、子育て真っ最中のママ気象予報士です。