BLOG

【週末の天気】全国的に真冬の寒さに逆戻り 防寒対策は万全に(藤野勝成)

2015年02月12日 22時45分 JST | 更新 2015年02月12日 22時47分 JST

13日は強い冬型の気圧配置へ。東北と北陸を中心に14日にかけて天気が荒れそうです。風が強まり、全国的に真冬の寒さが戻るでしょう。お出かけの際は万全な寒さ対策を。

2015-02-13-20150213tenkijp_large.jpg


13日(金曜日) 強い冬型の気圧配置へ

日本海を進む寒気を伴った低気圧が急速に発達しながら北日本を通過。西から次第に冬型の気圧配置になる見込みです。

【天気】

北海道と東北、北陸から山陰にかけては広く雪が降る見込みです。雷が鳴ったり、降り方が強まることもあるでしょう。

大雪に警戒が必要な地域は、東北・北陸・近畿(北部・中部)です。平地でも午後は雪雲が流れ込み、積雪になる所があるでしょう。太平洋側は近畿だけでなく、東北とマークにはありませんが、東海も雪の舞う所がある見込です。

また、日本付近は次第に等圧線の間隔が狭くなり、風が強まるでしょう。

特に東北と北陸では、何かにつかまっていないと立っていられないくらいの非常に強い風が吹く見込です。海上では大しけとなる所があります。暴風や猛ふぶきによる交通障害、高波に警戒して下さい。

【気温】

12日とは一転、全国的に真冬の寒さが戻るでしょう。

最高気温 全国的に12日との気温差は5度前後低くなる見込みです。東北と関東は平年並みですが、風の冷たさが加わり、体感温度は真冬の寒さです。暖かくしてお過ごし下さい。北陸、東海から九州は平年より2度以上低くなる所が多い見込みです。厳しい寒さが戻りますので、お出かけの際、防寒対策は万全にしましょう。


14日(土曜日) 北陸・東北 積雪増える

【天気】

冬型の気圧配置は西から緩んで、山陰の雪は午前中にやみますが、近畿と北陸、東北では断続的に雪が降る見込です。さらに積雪が増えるおそれがありますので、引き続き大雪に警戒が必要です。風はしばらく強めに吹き、ふぶく所もあるでしょう。

【気温】

寒さの底は14日の朝。東京では氷点下の冷え込みでしょう。日中は寒さが緩み、近畿から九州は平年並みに戻る所が多い見込みです。


15日(日曜日) 北陸・東北の雪弱まる

今回の寒気は長くは居座らない見込みです。北陸と東北の雪や風は次第に弱まるでしょう。気温は平年並みか高くなる所が多い見込みです。北陸と東海、東北も、日曜日には厳しい寒さが緩むでしょう。

(2015年2月12日 23時35分)

【関連リンク】

default
藤野 勝成
気象予報士・防災士
流経大柏高校ラグビー部を卒業して、大学時代はサーフィンに熱中。
卒業後はオーストラリア、宮崎、湘南に移り住み、海と暮らしました。
「自分らしさ」で社会貢献を目指します!
趣味
サーフィン・ゴルフ